リノベーションがより映える、オシャレな照明の事例集①

[記事更新日]2017/06/02

皆さんはリノベーションをするにあたって、自分たちの家族構成にあった間取りを考えたり、肌触りや効果で木材を選んだり、夢見ていたお気に入りの家具を選ぶと思います。しかし、同じように照明を探されている方はいるでしょうか?

部屋に照明が無ければ夜は生活ができませんし、あまり気を使わないで据え置きのシーリングライトや、全く雰囲気の違う照明が部屋にあるだけで、部屋に統一感が無くなってしまいます。案外軽視されがちな照明は、部屋を彩る重要なアイテムです!

今後皆様が住まい探しをする際に、「あなたに合った照明選び」ができるように、今回は弊社リノベ不動産|BeatHOUSEの施工事例の中からそういった『オシャレな照明』をピックアップしてご紹介していきます。

リノベーションの照明事例

ただの電球型蛍光灯やLED電球だけではなく、中のフィラメントがおしゃれで、インダストリアルな雰囲気が出せるエジソンランプや少しレトロな雰囲気の出せる白熱球など、同じ照明を選んでも電球一つを変えただけで雰囲気が一変します。

すでにお気に入りの照明を持たれているあなたは、電球を変えるだけでもいいかもしれません。これ以外にも楽しみ方は様々です。あなたに合ったお部屋の間取りや、フローリングの木材選びなどと同様に住まいにあった照明選びができた時、あなたの生活の質がより豊かになっているのかもしれません。

それでは、見てまいりましょう。照明1つで、どれだけ空間の雰囲気が様変わりするのかを。

間接照明と珪藻土による幻想的なコラージュ

御覧ください。
まるでオシャレな高級ホテルの一室にありそうな幻想的な空間。

花柄のシェードは直接的な光源を珪藻土で塗装された壁に反射させることで間接照明風に。そしてコテで荒目に仕上げた独特な珪藻土の模様は、砂浜を連想させるようです。

こんな部屋が寝室だったら、ものすごく落ち着くのでないでしょうか?
珪藻土による空気の清浄機能と相まって、安眠できること間違いなしです。

しかし、間接照明を行っている空間の全てがお洒落かと言えば、そうとは限りません。また高級感のない間接照明だって少なくありません。

間接照明は一見単純な構造に見えますが、間接照明にしている空間の全てがお洒落かと言えば、そうとは限りません。また高級感のない間接照明だって少なくありません。
間接照明は内装材の、特に天井・壁の素材や仕上げであったり、内装材に合った光源の選定を行っていない、また、建築デザインに対して光源の位置や収まりが適切でないと逆に空間の雰囲気を壊してしまうこともあります。

そういった要素を考慮しながら作り上げられた空間が、それぞれの完成された独特な雰囲気を作り出すのです。

メルヘンな照明だけで、空間自体もメルヘンに

特徴的なタイル張りの床に、特徴的な椅子やテーブル。
そして極めつけは蝶形のライトに、果物を思わせるような丸い照明。

それぞれの個性が主張しているにも関わらず、全体的な雰囲気はメルヘンチックに感じるその理由は、やはり照明のデザインが大きく影響しているのでは無いでしょうか?

こんなオシャレなリビングで食べる食事は、それがシンプルでも、豪勢でもなんでも合いそうです。

スクランブルエッグにソーセージ、サラダにトースト。
ビーフストロガノフや旬な温野菜を添えたカレーライスなど、こってりした料理などとも合いそうです。
ただ、精進料理のような和食はあまり合わないですかね。。。

一見チグハグな組み合わせでも、なぜか違和感のない照明

ぱっと見ると北欧風の洗練されたテイストの空間に、レトロなアンティーク風デザインが素敵なペンダントライト。

ペンダントライトとはチェーンやコードなどで、天井から吊り下げた照明のことを指します。 吊り下げる形状の為、商品自体に高さ調節ができる器具がついていたり、ついていない場合も市販のコードリールやS字フックで調節することができる場合もあります。 これに対して、天井から固定された形状のものをシーリングライトと呼びます。

シンプルが似合う北欧風な空間で、一つだけ光るレトロなアンティーク。

あえて1点だけ全体の雰囲気を変えるだけでも、空間の統一感は崩されくこと無く、むしろ遊び心の効いた楽しいデザインに仕上がります。

まとめ

理想の住まいをイメージする際には、どうしても間取りや壁の色などに気が向いてしまいがちです。しかし案外軽視されがちな照明は、部屋を彩る上では大切なアイテム。

そして照明という家具1つ取っても、その好みやラデザインは様々です。
「煌々と照らすシーリングライトは苦手だから、間接照明がいいな」「玄関に個性的な証明があると、仕事から帰った時に気分が変えられていいかな」などなど、自分や家族の理想とする部屋の過ごし方を想像してみると、とても楽しいかもしれません。

将来の不動産購入や自宅のリノベーションに備えて、こういった色々な人の理想の住まいの事例を見ながら、自分のライフスタイルと他の人の事例を見比べてみると新しく見えてくるものがあるかもしれません。
この事例紹介シリーズも恐らく次が最後です。みなさんの理想のライフスタイルを想像するきっかけになっていれば、幸いです。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_中田

BeatHOUSEスタッフ_菅原

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_菅原

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー