インテリアがオシャレなリビング”のリノベーション事例集_その1

[記事更新日]2017/07/13

朝起きて、ゆっくり朝ごはんを食べる場所。
何も予定のない休日に、ゆっくりテレビを見ながらくつろげる場所。
夜仕事から返ってきて、ソファにどっかり座って1日の疲れを吐き出す場所。

リノベーションで理想の住まいを想像する際に、お部屋の生活動線の中心となるリビングの形を決めることはとても重要です。

将来の不動産購入や自宅のリノベーションに備えて、こういった色々な人の理想の住まいの事例を見比べてみると、新しく見えてくるものがあるかもしれません。
弊社でもリノベーションを考える上では、とにかく事例を多く見て参考にすることをおすすめしております。

今回もかつてお客様や私たちが創り上げた、インテリアなどがオシャレなリビングのリノベーション事例をご紹介できればと思います。

日常の中に非日常を味わえるリビング

誰もが一度は思い描いたことがあるかもしれない、カフェのような部屋。

大きなキッチンにカウンター。天井のアクセントになっている梁。備え付けの家具も味のある素材を用いて。壁は白い珪藻土。そして、やわらかな節ありの無垢材が、部屋一面に敷いています。
シックで落ち着きのある室内の中で、アクセントカラーとして観葉植物や小瓶のライトグリーンが使われています。落ち着きいた雰囲気の中に、さりげないかわいらしさを取り入れたリビングです。

壁一面の窓からの採光で、日中はやさしい明るさに包まれる室内。梁の色の濃さが白い部屋を引き締めています。その独特な雰囲気の中でも目を引く、裸電球。三角錐の枠にはめられただけの電球ですが、全体の非日常的なテイストをより一層引き立てています。

⇒詳細なリノベーション事例はこちらから

お部屋の中にウッドデッキがある南国のようなリビング

こちらの事例写真はインテリアこそ少ないですが、いかがでしょうか?他にはまずない、オンリーワンのリビングだと思います。

リビングの一角には瓦のような飾りとなんとウッドデッキが!これお部屋の中ですよ!?
この一角だけ、南国のリゾートホテルを切り取ったかのような雰囲気に仕上がっております。

ウッドデッキだけに目がいってしまいがちですが、その他の家具は極力シンプルに、そしてフローリングには赤色の無垢材を使用することで砂浜のような雰囲気に、リビング全体を南国リゾートのように表現しております。

⇒詳細なリノベーション事例はこちらから

無垢材“メープル”から北欧を感じる『Nordic Style リノベーション』

まさしく、ザ・北欧風なリビング。
無垢材“メープル”から北欧を感じる『Nordic Style リノベーション』。北欧スタイルの空間と合うように選択された家具類もマッチして、自然素材である無垢が全体のテイストを統一する役割を担っています。

ソファやダイニングテーブルも、空間の洗練された雰囲気を壊さないようにコーディネート。
北欧風なテイストに合うように、柔らかい中間色であるパステルカラーを中心に取り揃えた結果、このような空間が生まれました。

⇒詳細なリノベーション事例はこちらから

寝室との間仕切りに一面の収納棚があるリビング

落ち着いた色に統一させられた大人なリノベーションスタイル。
全く光の入らなかったDKにも光を取り入れられるように2DK→1LDKにプランニング。
LDKと洋室の間にある大きな間仕切りは棚になっており、空間を分ける以外に、広く見せる効果 や空間を明るくする効果も合せています。

一般的な住宅ではまず実現不可能な構成のリビングです。
ソファの向かい側にある部屋は寝室になっていて、間にある間仕切りの棚においてあるテレビや小物は、寝室と共有することができます。個人的にとても大好きな事例です。

コーディネートされた家具類も秀逸で。とくに紺色のソファがアクセントとなっていて、これがお部屋全体のテイストを決定しているのでお分かりでしょうか?
加えてソファの上のスタンドライトも、真新しいはずの空間にレトロなワンポイントになっています。

新築の真新しいの空間にレトロな雰囲気をプラスしたい際など、是非参考にしてみて下さい。

⇒詳細なリノベーション事例はこちらから

ブルーが映えるリビング

玄関を開けると不思議なトンネルのような空間があり、そこを抜けるとハンモックが掛けられた大空間が広がるミュージアムライクな家。LDKのハンモックや表裏で色の異なる可動棚など、住まいに遊び心を取り入れました。

広いリビングに、ひと際目を引く青色のハンモック。
そのほかのソファや椅子も青色に統一することで、リビングの雰囲気を統一しています。家具の色を統一することで、お部屋全体の雰囲気も決定してしまう事例です。

さいごに

リノベーションがしたいと思った時に、お部屋の生活動線の中心となるリビングの形を決めることはとても重要。そして実際にリビングをリノベーションする際には、その形はやはり自分だけでなく家族全体を含めた理想のライフスタイルを想像しなければ、理想のリビングはできません。

将来の不動産購入や自宅のリノベーションに備えて、こういった色々な人の理想の住まいの事例を見ながら、「こういうリビング良いな」「リビングにこういうインテリアが欲しいな」といった形で、自分のライフスタイルと他の人の事例を見比べてみると新しく見えてくるものがあるかもしれません。

これらのリノベーション事例がみなさんの理想のライフスタイルを想像するきっかけになっていれば、幸いです。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_木村

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー