リノベーションはお部屋の雰囲気を”タイル”で決める

[記事更新日]2017/03/12

タイル

家を新築したり、リノベーションやリフォームの際に、お部屋のアクセントとしてタイルを用いることは多々あります。立体的なおしゃれタイルを用いることで空間を引き締めたり、柔らかくしたり、無機質な空間に息を吹きかけるように、生き生きした空間に仕上げることができます。

市場にはいろいろな種類のタイルが流通していて、使用できる場所はキッチン、トイレ、床、壁などさまざまな箇所で用いることができ、選択肢も様々です。形もさまざま、カラーバリエーションも迷うほどたくさんあります。

今回は弊社のリノベーション事例を紹介しながら、タイルの可能性や、おしゃれな空間作りの参考にしていただけたらと思います。

おしゃれ・タイル・和

タイル

マットな感じも残しながら、艶もあり趣さえ感じる印象的なタイル。シックな質感と、なんとも言えない濃淡とが空間を一気にノスタルジックな仕上げにしてくれています。

リノベーションと言うとインダストリアル風、北欧風、西海岸風などにイメージが先行しがちですが、ジャパニーズモダンと簡単には言いたくない、”和”を感じるテイストへ、タイルひとつで完成させたような空間になります。

タイル

こちらの物件が個人的に好きな理由は緑のタイルに反射する緑にあります。タイルの先にある外の自然の緑が写り込んでいるこの雰囲気が好きなのです。借景の映り込みがまた格別ですね。

借景とは庭園の外にある山などを,庭園の構成要素として取り入れる庭園用語のひとつですが、不動産は字のごとく、どうしても動くことができないので、その場所から見える風景をうまく空間に取り入れたリノベーションが心惹かれてしまいます。

日本人の心。「感謝致します」となるのは私だけでしょうか。

おしゃれ・タイル・コラベル

タイル

こちらのリノベーション物件も、タイルのアクセントが効いていますね。

こちらはコラベルタイルと呼ばれるおしゃれタイルです。形はスライムとか、タマネギにしっぽが生えたようなダイヤモンドのようなかたちでしょうか。一気に空間のイメージを引っ張る非常に独特のおしゃれタイルになります。

こちらも色がたくさんでていますので、アジアンなテイストや、北欧テイストなどお好きなイメージに合わせて選択するのがちょうどよいかと思います。壁一面を一色で統一しても良いかなと。

タイル

コラベルタイルはインパクトの強いタイルなので、使い方によってかなりガヤガヤとうるさい印象を与えることもあります。空間の中でオンオフをはっきりさせると、上の写真のような綺麗で、洗練されたお部屋にもできます。

「こういう雰囲気も好きだけど、ガヤガヤしてしまいそう」と思った方でも、大人な落ち着いた部屋に合いますので挑戦してみてはいかがでしょうか。

おしゃれ・タイル・キッチン

タイル

タイルはよくキッチンでも使用されます。

キッチンタイルのほうがしっくりくる方も多いかもしれませんが、こちらはキッチン床、壁、天板の半分をタイルで構成したおしゃれキッチンです。もうタイルフェチにはたまらないのかもしれません。

場所に合わせて、タイルの大きさや質感、種類を変え、全く印象の異なるようにしつらえています。言われてみなければ全部がタイルって気づかないような空間に仕上げることができます。

おしゃれ・タイル・細長い

タイル

洗面スペースもよくタイルが使用される箇所の一つかと思います。水回りは特にタイルの本領発揮しますね。

水ハネに強いだけでなく、横に細長いタイルは空間を広く見せる役割もあり、形も変わっているので簡単におしゃれに見えるコツでもあるかもしれません。予算を抑えてしまうことが多い場所ではありますが、機能ばかりでなく、やはり見た目も考慮していくのも楽しいかと思います。

洗面スペースがおしゃれな家に行くと流石おしゃれさんだなと感じますね。そういうところにもおしゃれさんはしっかり気をいれていたりします。

おしゃれ・タイル・やっぱりかわいい

タイル

もうひとつ、洗面スペースの事例をご紹介いたします。

オリジナルで作らさせて頂いた洗面スペースは洗面ボウルを置くための台を作り、周りに色目がブルーの可愛いおしゃれタイルを貼り、仕上げにしました。

上に乗っている洗面ボウルも素敵じゃないですか?もちろん、ここを木にすることでできますが、機能のことを考えると洗面スペースのタイルはやっぱり安心しますね。お子様がいても簡単に拭き取れますし、湿気で木が曲がることもありません。

タイルはサブではなく、空間構成のメイン

タイルの可能性を感じていただけましたでしょうか。

タイルは空間を構成する上で、強い力をもっています。壁や床などの大きな面から、小さなアクセントにしたり、場所や使い方も様々ですが、その空間の顔になります。

その分、タイルを選ぶのは無垢材を選ぶ時よりも楽しいかもしれません。床の無垢のフローリングを選ぶ時に、パイン材とナラ材、グレードも節あり、節なしなど、素人目線だとわかりにくい違いから選んでいくのって正直難しくないですか。直感的にわかるタイルの方がワクワクするんじゃないかと。自分だけのオリジナルの家を作ってるなぁと感じるんじゃないかと思います。

また、タイルを用いるとオンリーワンの空間や設備を比較的簡単に作ることができるので、私はオススメします。タイル柄のクロスも出てきていますが、タイルのひとつひとつの表情や凹凸がやはりクロスでは出すことのできない味につながってくるので、リアルなタイルにするのがベターです。

今回、リノベ不動産|BeatHOUSEの菅原の記事は、素材の可能性をみなさまにご紹介しようとというところから書きました。これもやはり連載化ですか?みなさん?(笑)

ぜひ次の素材探しやります。。。これからも購読のほど、よろしくお願い致します。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー