塗装でこんなことできちゃうの?!意外と奥が深い!社内を施工した塗装事例をご紹介、の巻

[記事更新日]2017/03/26

リノベーションの会社にいるから当たり前に受け止めていることの中から、意外と知らない人もいるんじゃない?という事例を探してみました。少しでも新しい発見をしてもらえると嬉しいです。

今回注目したのは、「塗装」です。塗装と言うと、色を塗り替えるといったイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?もちろんそれも正解です、でも、塗装の魅力はそれだけではないのです。

社内で実際に施工した、色を塗るだけではない事例を3つご紹介します。リノベーションを考えていらっしゃる方は、ぜひ、アクセントに塗装を取り入れてみてはいかがですか?

1つ目は、「黒板塗装」

一階のショールームの中でも一際目立っているこの場所。この黒板は、実は塗装なのです。
卒業シーズンの今、黒板アートという言葉を目にすることが多いですが、黒板は教室だけではなくて家にあっても楽しいですよね!
ウェルカムボードのように使ってもいいですし、キッチンの連絡ボードとして活用してもいいですし、お子様の部屋の壁一面全部を、お絵描き用にしてもいいかもしれません。最近は、DIY用のグッズも充実しているので、インテリアの一部として取り入れられる方が増えてきています。
施工場所や色などの選択肢も広いので、自分だけのオリジナル黒板塗装仕上げを作ってみてはいかがでしょう?

2つ目は、「特殊塗装」

二階のショールームの入り口ドアは、以前は普通のブラウンの木目調のドアだったのですが、思い切ってコンクリートのような石目調にしてみました。
この塗料は、塗料の中に、目の粗い石英が含まれていて、ザックリとした中にも柔らかさがあって、表情豊かに仕上げることができます。

施工前の写真を撮り忘れてしまったので、Beforeの写真はメーカーの商品写真となりますが・・・Before→Afterはこのような感じです。


Before↑


After↑

既存の扉の形を活かしつつ、全く違った雰囲気を作り出すことができていますよね!ただ、あまり新しいドアに塗装をすると、剥がれやすいというデメリットがあるので、施工の際はそういったところも確認して、ご提案をさせていただきます。

弊社は築40年のビルに入っていますので、なんとなくスイッチとかまわりが古いのはご愛敬。室内は素敵な空間になっていますので、いつでも見学に来てもらって大丈夫ですよ。

3つ目は、「光触媒塗装」

最後になりますが、一階ショールームのトイレのドアに、光触媒塗装をしてみました。光触媒?!の塗装?あまり耳慣れない言葉かと思います。

光触媒とは?

太陽や蛍光灯などの光が当たることで触媒として働く物質。酸化チタンなど。光が当たると水や酸素と反応して活性酸素や水酸ラジカルが生成される。これらの物質は酸化力が強く、有害物質を二酸化炭素や水に分解する。また、ガラスや壁などに塗布して光を当てると超親水作用(=水が水滴にならず薄く広がる働き)が生じる。出典:デジタル大辞泉

難しい言葉を並べてしまいましたが、簡単に言うと、室外であればセルフクリーニング効果を発揮して、雨で汚れが落ちるというのが最大のメリットです。室内であれば、消臭と空気浄化というメリットがあげられます。
反対にデメリットは、普通の塗料と比べてお値段が高いことと、選べる色が限られていることです。

ちなみに、施工した感想は…ニオイが確かに以前より気にならないような気がします。でも、もう少し光が当たる所の方が施工場所としてはよかったかもしれません、まだ施工したばかりなので経過をみていきたいと思います。

光触媒の機能が気になる方は、光のよく入るリビングなどに取り入れてみてはいかがでしょうか?!

最後におまけ

上記ご紹介した塗装とは関係ないのですが、塗装仕上げのリノベーション事例をいくつかご紹介します!弊社のリノベーションでは、アクセントで天井や壁を塗装で仕上げることがよくあります。

例えば・・・

↑気分を盛り上げるオレンジをアクセントカラーで部屋の一部にいれてみました。

塗装は、一般的に内装で使われるクロスや珪藻土よりお値段は高くなりますが、ジョイントが出なかったり好きな色を選べたりするので、ポイントの曲面壁(通称R壁)に使うとメリットも活かせていいですね!

↑あえてむき出しにした配管も、シックなネイビーとの相性抜群です。天井が高くなっているので暗い感じもなく、とてもオシャレな雰囲気に仕上がっていますよね!

↑この組み合わせは個人的に好きなので、ピックアップしてみました。個性的なクロスと統一感を出しつつ控えめに主張するグリーン。壁ごとに素材を変えることも出来るのです。組み合わせは無限大だなと改めて感じました。塗装と関係ないですが、窓を壁に作るのも好きです。

塗装だけではなく、ショールームには色々な素材がありますので、いつでもお気軽にショールームお越しください、実際に見て触れてリノベーションの楽しさを感じていただければ幸いです。

私たちのコンセプトである「日本住を、愉快に。」を合言葉に、百人百色のワクワクする暮らしが、また一つ出来上がりますように!


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

リノベ不動産 BeatHOUSE

BeatHOUSEスタッフ_木村

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー