資産として使う!リノベーション物件の活用方法PART2

[記事更新日]2017/06/09

リノベーション

物件を購入して内装を自由にリノベーション。またはリノベーション済みの物件を購入。
そして自分の快適な住まいが♪
思い入れの強い、大切な大切なお家で毎日すごす幸せな日々♪

が、突然の転勤…
予想してなかった転職…
実家にしばらく帰らなければ…

そうです。人生、何が起こるか分かりません。

でもせっかく自分仕様に仕上げたお家。手放したくないんです!

さぁ、実際に中古物件を購入して、フルリノベーション。そして約半年で転職&引越した元Beat HOUSE社員の中丸が、実際の今の活用方法をお伝えします。

リノベーション済み賃貸

賃貸

もちろん収益を出したい。けど、まず私のマンションは、マンション規約に「民泊禁止」と書かれているので民泊に出すことはしませんでした。(隠れて出してる人は沢山いますが…)せっかく国家戦略特別区に入っているエリアなのに…致し方なしです。

やっぱり安定&安全の賃貸!

まずは周辺相場を調査して、なんとなくの賃料を自分の中で決めて、リノベーション賃貸専門の会社を訪問。
Beat HOUSEに勤めてたけど売買しかやっていなかったので、ここはリノベ賃貸専門家のご意見を!ということで、賃料設定や広告に関してお話を聞きに行きました。

時期は4月末。

賃貸盛り上がり時期がちょうど終わって、一番盛り下がっている時期でございます。

「この値段なら、リノベーション済みで設備も新しいので、問題ないと思いますよ。あまりにも問い合わせが少なかったら賃料設定を考えましょう。」

「良かったです!ありがとうございます!!」

「いつでも広告開始できますので、また改めて写真撮影の日など教えてください」

「はいっ!またご連絡いたします!!」

…ただ…業者さんを使うとやっぱりこちらも成約時にお金を払う必要があるわけです。
1ヶ月分の賃料+αくらい。

賃貸に出すにしても、できれば貸すときにかかる初期費用を抑えたい…
そして、せっかく思い入れのあるmy城。キレイにちゃんと使ってくれる人が良い!家賃滞納とかしない人が良い!という、ワガママ。

まずは知り合いに当たってみよう!

ということで、近しい人に直接声かけてみました。

ちょうど更新時期が近い友人から内覧希望!おっ!直接知ってる人なら安心!

が、幹線道路の音が気になりキャンセル。

そうです。my城、幹線道路沿いなんです。

そんなに簡単に決まりません。

これはちょっと広げて、友達限定でFacebookで告知です。

Facebookには濃くても薄くても、直接会ったことある人しか友達にいません。それでも近況を知らない数年ぶりの人に伝えることもできます。Facebookで繋がっている人の友達くらいだったら、全く知らない人よりは安心。

なんたってリノベーション物件です。そりゃ、様々なリアクションを頂けます。

そして1名、Facebookの友人から即内覧希望。翌日内覧。即、決定。
賃借人決定後の問い合わせ3件。

広告料ゼロ。FBに載せた写真?夜iPhoneで撮った写真(加工なし)です。

リビング

これはなかなかの人気物件なのでは?!という、信じられないスピードで決まってしまいました。

友人なので当初の家賃設定より少し安く変更しましたが、それでももちろん赤字にはならない賃料です。

賃借人が決まったのが5月初旬。入居が7月から。

さて、2ヶ月間、間が空いてしまいました。

そのまま放置するのも勿体無い。。。

リノベーション済み物件の時間貸し

世界の時間

そこで思いついたのが、2ヶ月間限定の時間貸しです。

今グイグイ来てる(と中丸が勝手に思っている)スペースマーケット。

毎月ローンも管理費も払う必要があるわけで。収入ゼロよりは少しでも補填できれば!ということで、スペースマーケットさんでスペース貸しに登録してみました。

こちらも軽く他のお部屋を見て調査。私は2ヶ月限定なので他よりシンプルで安めの値段設定にしました。収益目的というよりは、少しでも収入になればラッキー!くらいに思っていたので、良いのです。
私のお気に入りのお部屋で、少しでも楽しい時間を過ごしていただければ♪

スペースマーケットに登録して翌日、初めての問い合わせ。

からの、ご予約。

それからも、ほぼ毎日「お気に入り」登録され、定期的に問い合わせや予約が入るようになり。今、GW明けくらいに登録して、約1ヶ月弱くらいでしょうか。
週末はほぼ全て予約で埋まり、平日も予約が入るようになりました。

シフト

何といっても、実際に使っていただいた方からのレビューで、自分のリノベーションした部屋を気に入ってくれた感想をもらえると、とっても嬉しいです♪

今まで利用&予約された目的も、ビジネス会議で利用される方、家飲み、ママ会、誕生日会、コスプレ撮影、短編映画ロケなど本当に様々。
利用後のメッセージで「とってもキレイで快適でした!」「感動しました!」などのお声をいただけると、嬉しいですねー(^^)

プレビュー

時間貸しなので、2時間しか使わない方もいれば、丸1日使う方も。

民泊に比べれば収益は圧倒的に少ないと思いますが、まず法的にクリア、マンション規約的にもクリア、という安心感。
そして、利用者が物件の近くにいる日本人で、予約確定後は相互に認証済み個人情報が公開されるので、何かあってもコンタクトが取れるという安心感。
更に、宿泊禁止にしているので、少なくとも夜中に騒音で他の居住者に迷惑をかけていないという安心感。

オーナー的、ちょっとした収入になるという有難い恩恵。

さいごに。

「リノベーション」という言葉が浸透して認知され、様々なメディアでも沢山紹介されるようになってきました。中古物件+リノベーション、リノベーション賃貸…家に限った事ではなく、自分に合う空間、オンリーワンの場所、自分らしい暮らし、自分らしさの表現など…今までは皆が流行を追いかけることが当たり前でカッコイイ在り方だったのが、今は「個性」をうまく表現することが流行になってきているような気がします。

周りと同じではなく「オンリーワン」が付加価値となり、認められ、大多数を占めるメジャーより価値ある物になっているのではないでしょうか。
「個性的なリノベーション済み物件って、処理に困るって聞きましたけど?
売る時大変とか、貸すとき大変とか…どうなんでしょう?」と言った相談も、今までお客様からよく聞かれていました。
ですが、今、そして今後は更に、そういった「個性」あるものが求められていくのではないでしょうか?

また、物件の活用方法も、国家的に取り組んでいる空き家問題を解決するべく、空き家を上手に活用する術として、これから貸し出せるチャネルは増えていくと勝手に予想&期待しています。
自分が本当に気に入った内装に仕上げたリノベーション済み物件。他の方から高評価をいただくと、とっても嬉しいですよ(^^)


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_藤井

BeatHOUSEスタッフ_藤井

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

3つのリノベーションのデメリット-良いことばかりではないリノベ

BeatHOUSEスタッフ_鈴木
メリット・デメリット/リノベーショ・・・

リノベ不動産 BeatHOUSE

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー