床で室内の印象が変わる

[記事更新日]2017/04/11

床

お住まいの中で広い面積を占める「床」。室内でもからだに触れている時間が長いのは「床」です。床といっても種類はさまざま。一般的に使用されている新建材のフローリングから、カーペット、コルク、私たちリノベ不動産|Beat HOUSEでもおススメしている無垢材などたくさんあります。なぜオススメなのかは以前のコラムにて、無垢材の良さをお伝えさせていただきましたね。

無垢材コラム

今回のコラムでは無垢フローリングについてお伝えいたします。無垢フローリングをおススメする理由として、からだに触れる時間が長いからこそ足触りの良さ、においの良さなどを感じながら心地よく暮らしていただきたいと私たちは考えています。そのほかにも良い点はたくさんありますが、今回は無垢フローリング良い点の中でも、バリエーションが豊富さにフォーカスしていきます!広い面積を占める床に個性的なのあるフローリングを使用することで、オンリーワンの空間づくりもできますね。床の種類によっても室内の印象は大きく変わりますが、今回は「床の張り方」「色」に注目して、床の張り方のパターンなど事例を交えてご紹介いたします。

床の張り方

さまざまなパターンがある中で、リノベーションでもよく採用される6パターンをご紹介いたします。

  1. 定尺張り
  2. 定尺

    ベーシックなスタイルです。同じ寸法のものを一定の幅で交互にずらしながら張っていく方法です。規則性があるので、シンプルな印象の表情になります。シンプルなので、家具などを合わせやすいという特徴があります。

  3. 乱尺張り
  4. 乱尺張り

    こちらもベーシックなスタイルです。私たちリノベ不動産|Beat HOUSEでも多く使用する張り方です。乱尺とはフローリング材の長さが一定ではないバラバラの材料を張り合わせる方法です。長さがそろった材を集める必要がないので、比較的安く仕上げられる傾向があります。また、無垢材を使用した場合、木目の表情がわかりやすいという特徴があります。

  5. 斜め張り
  6. 斜め張り

    壁に対して斜めに張り上げる張り方です。床の広がりを感じることができ、モダンな空間に仕上がります。自己主張が強く、空間に身をおいたとき床の存在感を感じられる張り方です。

  7. ヘリンボーン張り
  8. ヘリンボーン張り

    ヘリンボーンというのはフローリングによく使われる、山形を連続させたような模様で、魚の骨にかたちが似ていることから、ヘリン(ニシン)のボーン(骨)という意味をもっています。短い木のピースを組み合わせた寄木張りの床はヨーロッパで発達した技法で、ツイードのジャケットやコートにも多く見られる柄です。北欧やフレンチなどの海外スタイルだけでなく、さまざまなスタイルの雰囲気に似合う人気のデザインです。
    レトロな雰囲気や高級感を出しやすいので、デザイン製のあるフローリング張りの中でも人気が高まっています。一般的なフローロングの張り方よりは手間がかかるため、お値段が少し高くなってしまいます。

  9. 市松張り

同じ長さの小片を組み合わせた一枚のパーツを、市松柄に張り合わせていきます。異なる木目や色合いを組み合わせたパターン市松張りは、積み木のようなイメージの仕上がりになります。こちらもヘリンボーンと同様に、お値段が少し高くなってしまいます。

張り方+カラーの組み合わせでパターンは無限大!
さまざまなフローリングの張り方がありますが、選択するカラーもさまざまです。壁は多くの面を白色にするケースが多いですが、みなさん打ち合わせでも迷われる床の色。組み合わせ方も決まりはないため、パターンは無限大です!色の決め方は大きく2パターンにわかれます。

  1. 木材そのものの色を活かす
  2. 無垢材のフローリングを使用した場合、木材そのものの色を活かして楽しむという方法があります。木材は種類が豊富にあり、木材によって木目や色が異なります。

    SRの木材

    画像でご覧頂いているのはほんの一部の木材です。お気に入りの色や木目の木材に出会えるのも無垢材のよさですね。

  3. 塗装で表情を変える
ナラ塗装

上記の画像は同じ材料で塗装を変えたフローリング材です。同じ木材・木目でも色を変えることで表情がガラッと変わります。こちらに載せたのはほんの一部のカラーです。お好きな色に塗装することができますが、たくさんありすぎて迷ってしまいそうですね。お気に入りの家具やカーテンに合わせてカラーを決めるのもひとつですね!

最後に
間取りを決める打ち合わせもそうですが、内装イメージを考える過程もとてもワクワクしますね!物件からお探しの方も、「まずはいい物件を!」となりがちですが、それでは物件探しに疲れてしまったり、理想の空間が持てないことも・・・物件探しももちろん大切ですが、生活する室内のイメージを考えながら楽しんで物件探しをしたいですね。そんなときはリノベ不動産|Beat HOUSEへお越しください!ワンストップだからこそ、物件探し+設計・インテリアのワクワクするご提案をさせていただきます!


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベーションを実現するまでに関わる人たちの全貌

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ
リノベーションに関わる人/不動産営・・・

BeatHOUSEスタッフ_萩原

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産 BeatHOUSE

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産 BeatHOUSE

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー