拝啓 リノベ派様。その『不動産屋さん』は、不動産を紹介してくれません。

[記事更新日]2017/03/20

ドア

こんにちは!WAKUWAKUリノベーションマガジン編集部です!
今回は、当社で良く見る光景をコラムにしました。

マイホームの購入方法として、
『中古購入+リノベーション』をお考えの皆様
参考にしていただきたい内容です。

楽しいハズの中古購入+リノベーション。
リノベーション向き物件探し
成功の秘訣は、不動産会社選びにアリ!

是非ご一読くださいませ。

入社して2年。ようやく見慣れた光景があります。
お客様が来店され、席に着くと開口一番、、

--------------

不動産屋さんに行ったら、、、

全っ然不動産を紹介してくれないんですっ!!

--------------

一瞬、何かの哲学のようにも聞こえる
不思議な悩みですが、当社のスタッフに
悩みをぶつけるお客様のお話しを聞き、
お飲物をお出ししながら

正直、『またか。。』と
残念な気持ちになりました。

実はこの悩みを抱えたお客様が、
当社には本当に良く来店されるのです。

お客様(以下S様)のお話しをまとめると、

  1. マイホーム購入で、『中古購入+
    リノベーション』を検討中。
  2. リノベーション向きの中古マンション
    探す為、不動産会社へ。
  3. S様が選ばれたのは、テレビCMでもよく見る有名な不動産会社。

有名不動産会社(以下T不動産)に来店し、
実現したいライフスタイル、リノベーションで
自由な間取りに大好きなデザインテイストで、
カフェのような空間を創り生活したい事、
など2時間くらいに渡ってお話ししたそうです。

※画像はイメージです。(当社施工例)

マイホーム購入に関して、予算の話はどうしても
付いて回ります。ここでは仮に予算4,000万円と
させていただきます。

S様は、T不動産の担当者に
『予算は、物件とリノベーション合わせて4,000万円』と伝えました。

S様の希望を叶えるなら、
『物件3,000万円+リノベーション1,000万円』
あたりがバランス良いのでは?と
当社スタッフはもちろん、リノベーション雑誌を
愛読するS様も同じ様にイメージはしていました。

ところが、T不動産から紹介された物件は、

  1. 3,800万円の築浅物件
  2. 4,000万円のリノベーション済み物件

ばかりでした。。

リノベーション済みの物件や、予算がから逆算し、
200万円程のリノベーションが限度の物件
は、
S様の希望に全然マッチしていません。

自分がまったく望んでいない物件資料が
目の前にずらりと並び、思わず
『不動産屋が、不動産を紹介してくれない。。』
残念な気持ちになったそうです。

このお話し、運が悪く変な担当者に
当たってしまった??と思ってしまいますが
実は、決してそうではないのです。

拝啓 マイホームは、中古を買ってリノベーション!
とお考えの皆様、実は一般的な不動産会社では、
中古物件を積極的に紹介はしていただけません。。

お金

まずは『仲介手数料』のカラクリについて。両手契約ってなぁに?

皆さまがお住まい探しを依頼されるような、
いわゆる『不動産仲介会社』の主なお仕事は、
お客様から要望をお伺いし、条件に合う物件を
ご紹介、その中の1つをご契約いただく事です。

不動産契約が成立すると、仲介会社には
『仲介手数料』が入ります。
※成約まで、費用は一切かからないのが一般的です。
最近、お住まい探しスタート時にお金を取る会社も
出てきているようなので念の為。。

売買契約成立時に購入者(買主様)からいただく
仲介手数料は、物件価格に係数をかけた金額で
算出されます。
※仲介手数料については、細かいルールがありますが、ここでは[係数3% + 6万円]とします。

仲介手数料の試算

例)物件価格が4,000万円と3,000万円の場合

(A)4,000万円 × [係数3% + 6万円]=126万円

(B)3,000万円 × [係数3% + 6万円]=96万円

(A)と、(B)の物件で成約した場合、仲介手数料30万円の差額が出ました。

さらに(A)のリノベーション済みの物件は、売主が不動産会社の場合が多く、
買主からだけではなく、売主からも同額の手数料が入るのが慣例です。

※このように買主様、売主様、両者から手数料をいただく事を業界では『“両手”契約』なんて呼んだりします。

不動産

つまり(A)の物件を成約すると、仲介手数料は2倍の252万円になります。

一方(B)の中古マンションは、売主が個人(一般の方)の場合が多く
売主様からの仲介手数料は、上の画像の通り、売却担当である別の不動産屋に入ることが多いのです。

つまり(B)の物件を成約しても、仲介手数料は96万円です。

いかがでしょう??T不動産に入る手数料が
2.5倍
なる可能性が出てきました。

--------------

ちょっと話が長くなってきてしまったので
この続きは、【後編】拝啓 リノベ派様。その
『不動産屋さん』は不動産を紹介してくれません。

で、お話ししたいと思います。

後編は、いよいよS様がT不動産にリノベ向き物件を
紹介してもらえなかった
理由、核心に迫ります!

・リノベーション向き物件ってどこで紹介してもらえば良いの??

・どんな会社をパートナーに選べば良いの??

についても、お話しをさせていただきます。

 

後半は、この“後編”が掲載された、おおよそ1週間後に掲載されると思います!

3/20 【後編】が掲載されました。

 
後半は、コチラからご覧くださいませ ←←←クリック

 

ここまでコラムを読んでいただいた皆様、
本当にありがとうございました!またお会いしましょう!


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_中田

BeatHOUSEスタッフ_萩原

BeatHOUSEスタッフ_藤井

違いを比較!建築士事務所の選び方~注文住宅・リノベーション~(前編)

BeatHOUSEスタッフ_藤井
メリットデメリット比較/一級建築士・・・

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベーションにおけるinstgramなどのsnsとpinterestの活用法

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ
instagram/pintere・・・

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

中古マンションの寿命は何年?実際の耐用年数を専門家に聞いてみました

BeatHOUSEスタッフ_鈴木
マンション/中古住宅/中古物件/耐・・・

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー