リノベーションを実現するまでに関わる人たちの全貌

[記事更新日]2017/08/25

「家を買おう」と思った時に、「住宅購入 流れ」「リノベーション 住むまで」などを調べたことはありませんか。全体の流れを意識する方は多いのではないでしょうか。

住宅購入からリノベーション、引き渡しまで、たくさんの方と関わることになります。この投稿では、一般的にどんな方と関わっていくのかをご紹介します。

一般的な「流れ」に合わせて「関わる人」を確認してみよう!

まずは時系列に記載し( )内に関わる人を書いていきます。

物件を探す(不動産屋の人)
  ↓
融資をうける(銀行の人)
  ↓
契約する(不動産屋の人、または居住者等の個人)
  ↓
リノベーションを相談する(リノベーション会社の営業マン)
  ↓
リノベーションを具体化する(リノベーション会社の設計担当者)
  ↓
住宅設備の仕様を決める(ショールームのアドバイザー)
  ↓
造作家具の詳細を決める(造作家具職人)
  ↓
家具を検討する(インテリアデザイナー)
  ↓
リノベーションに必要な申請・ご挨拶をする(マンション管理の人・近隣にお住まいの方)
  ↓
工事期間中様子を見に行く(専門分野ごとの職人さん)
  ↓
リノベーション完成!(家族や友人などをご招待)

いかがですか?「思っていたより多い」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

リノベ不動産|BeatHOUSE は、購入からリノベーション引き渡しまでの工程をワンストップで提供しますので、それぞれがちぐはぐになることはありません。

また専門的な知識を持ったコーディネーターがおりますので、上記で省ける点も、また銀行などでは個人でやりとりをするよりもスピーディーに、簡潔にすませられる点も多くあります。きちんと不動産購入からリノベーションまで引き渡しまで一貫してご案内するコーディネーターがおりますのでご安心ください。

どんなことを一緒にする人なのか知っておこう!

このリノベーションマガジンをご覧になっている方は「不動産屋の人」「銀行の人」「リノベーション会社の営業マン」についてはどう関わっていくのかよくお分かりではないでしょうか。この記事では、その他の「人」についてご紹介したいと思います。

こだわりを知り尽くした住宅設備のプロアドバイザー

リノベーションのレイアウトを決めていき、「じゃあここにお風呂ね!」「トイレと洗面はここ!」「あ、キッチンはここだと導線がキレイで使いやすいと思う!」という会話のあとに待っているのは、住宅設備の仕様決めです。

リノベーションのお打合せの際に、お好きなメーカーやグレードをある程度決めますが、さらに細かな仕様は、各メーカーのショールームに足を運び、ショールームのアドバイザーと一緒に実際の商品を見ながら触りながら決めていきます。

たくさんの仕様が用意されていますが、グレードをまたぐとその選択ができない、あるいは標準金額に加算される、等とても複雑です。それらを商品説明・仕様説明とともにご案内してくれるアドバイザーは強い味方です。

また、この時に決められた仕様・金額はリノベーション会社と連携されリノベーションの見積もりに反映されます。とても深く関わっていただく「ショールームのアドバイザー」さんです。

スタイリッシュな家によくある作り付け家具・造作家具職人

リノベーションに感じるハイセンスは、作り付け家具も大きく影響しています。よく見かけるのは、壁面に施されたテレビボード、またキッチンのバックセット。おしゃれに見える空間は、計算された作り付け家具がなせる技なのでしょう。そしてその空間に合わせたオーダーメイドであることは、リノベーションととても相性が良いのです。

また、こだわりぬいた室内空間には、こだわりぬいた家具がよく似合います。よくお見かけするのはダイニングテーブルや収納です。

「ここはオープンの方がいいんじゃない?」「ここはスライド式でストッパーもついた引き出しがいいね」「一般的なサイズはこれぐらいだよ」等、家具職人がもっているノウハウは全部引き出し、最高の空間を演出する家具を手に入れたいですね。

雰囲気を作り出すインテリアコーディネーター

施主主体のリノベーションにおいては、インテリアコーディネーターと関わりを持つことは少ないかもしれません。ご自身で選び抜いた家具を好きなように配置したい、と思われている方も多いのではないでしょうか。ただ、造作家具はちょっと金額的に手が出せない、という場合、雰囲気を大きく変える家具の選びはとても重要です。

インテリアコーディネーターは、より快適な住空間を作るためのプロです。インテリアに詳しいだけでなく、そのインテリアをどのように配置したら良いか、どういった視覚効果があるか、といったことをアドバイスしてくれます。

リノベーションにおいては営業マンがそういった分野に強い場合、どんどん意見をもらってご自身でチャレンジしていただきたいですね。リノベーションの醍醐味でもあります。もちろんリノベ不動産|BeatHOUSE は得意とする分野ですので是非ご相談ください!

おわりに

一連の流れにあわせてどんな人たちと関わっていくのかを書いていったところ、とても長い文章になってしまいました。最初に提示した「人」を紹介しきれていません。また機会があればご紹介したいと思います。

リノベ不動産|BeatHOUSE は、きちんと不動産購入からリノベーションまで引き渡しまで一貫してご案内するコーディネーターがおります。たくさんの方と関わるからこそ、全てを共に歩くパートナーとして、また「中古購入+リノベーション」に精通したスペシャリストとして、皆様に煩わしいことはなるべく簡潔にこなしていただき、リノベーションの楽しみを十二分に味わっていただきたいと思っています。

この「関わる人」というのも、全体の流れを知る一助になれば幸いです。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_中田

BeatHOUSEスタッフ_中村

BeatHOUSEスタッフ_木村

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_萩原

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー