建築家に聞いてみた! 子育てリノベーションの極意!

[記事更新日]2017/03/24

中古物件を買ってリノベーションをするお客様は、子育て世代が圧倒的に多いです。
今回は、子育て世代が中古物件を買ってリノベーションをすることの極意をリノベ不動産 | BeatHOUSEの建築家に聞いてみました。小さいお子様がいる方は、是非参考にしてみてください。

子育て世代のリノベーションのメリット

子供がのびのびと成長する上で、住環境は重要な位置付けとなります。また、両親にとっても、できるだけ子供とコミュニケーションがとれる間取りや生活動線を選びたいものです。そんな気になる方も多い子育て世代のリノベーションのメリットは下記の4つが挙げられます。

① 子供の成長に伴い柔軟な間取り設計にできる

小さいお子様がいらっしゃって、子供があと何人できるかわからない場合は、子供部屋がいくつ必要かがわからず、そもそも2LDKがいいのか、3LDKがいいのか悩まれるお客様もいらっしゃいます。
おすすめは、例えば6畳の部屋が2部屋あった場合、壁を取っ払って、12畳の子供部屋として使っておき、子供の数が増えた場合などに、 間仕切り出来るような仕様にしておくことです。また、可動収納を将来間仕切りとして使えるような仕様としておくことも、考えられます。重要な点は、将来の間取り変更を見越した設計をしておくことです。


↑弊社リノベーション事例:Rコンセプト

② 無垢材など子供にも優しい素材が使える

まだ小さいお子様がいらっしゃる方は、冬でも温かみがあり、素足での肌触りが快適である無垢フローリングを選択することをおすすめします。無垢フローリングは、優れた吸湿性をもち、温度の変化も緩やかなので、冬でも室内環境を一定に快適に保ちます。また、柔らかな足触りに加えて、木の最高に爽快な香りは、お子様が伸び伸びと育ついい環境を整えます。
いわゆる新建材と呼ばれる複合フローリングの場合、無垢フローリング独特の素材感が味わえない場合もあり、肌触り、吸湿性という点で若干劣ります。
やはり、子育てリノベーションする場合は、無垢フローリングで、お子様が素足で元気よく遊びまわる姿を眺めたいものです。


↑弊社リノベーション事例:Lantern

③ 子育てリノベーションならではの、楽しいリノベアイテムを選べる

子育てリノベーションでの楽しみの一つに、ハンモック、黒板塗装、ボルダリングができる壁など、 子供が遊べるリノベアイテムを活用出来る点です。
黒板塗装は、親子の間でのコミュニケーション手段としても使えますし、壁をお絵かきの場としても人気です。
ハンモックは、おなじみのリノベーションアイテムですが、大人も子供もハンモックでゆっくり昼寝タイムを味わえます。
ボルダリングは、小さいお子様が楽しみながら、体力アップするのにもってこいのアイテムです。
このように楽しみながら、リノベアイテムを設計時に組み込んでこともリノベーションの醍醐味と言えます。


↑弊社リノベーション事例:imagine house

④ 子供と接しやすい動線の確保

子育てリノベーションをされる方は、リビングを大きくするお客様が多く、出来るだけリビングを家族団欒の場所として子供とも出来るだけ多く接していたいという方が多いです。 自分の部屋で勉強している子供よりも、リビングで勉強している子供の方が成績がいいという興味深い調査もあります。

ある程度お子様が大きくなったお客様には、多目的のビックテーブルをリビングにおくことをおすすめします。お子様は、ビックテーブルで、学校の宿題をやったり、読書をしたり、お父さんは、そこで仕事をしたり、新聞を読んだり、キッチンにはお母さんがいるので、コミュニケーションも弾む仕掛けです。
ビックテーブルでなくても、リビングの一画にスタディカウンターを設け、勉強コーナーにしたり、お父さんの仕事をする場とすることもおすすめです。
また、リビングに接する和室の間仕切りをとって、リビングに接する畳空間とするのもお勧めです。床座で遊んだり、寝転がったり。自由な雰囲気の中で、小さな子どもものびのび過ごせます。

キッチンをオープンキッチンとして、料理をしながら、リビングが見えるようにする間取りや、キッチンから、洗面台の動線をよくし、洗面台にいる子供を見ていられるような間取りにする間取りも人気です。

生活の動線やライフスタイルから、間取りを考えられることもリノベーションの魅力の一つです。通常、私達がコーディネートする場合、リノベーション後の生活を思いっきり思い描くことから始めて頂き、理想の物件選び、理想のリノベーションをお客様と共に選択していきます。

最後に

以上、4つのメリットを挙げてみました。 やはり、子育て世代のリノベーションは、お子様のことを優先してライフスタイルを考えるお客様が多いです。お子様が元気で、のびのびと、また家族団欒するにはどのような家がいいか皆さん悩まれます。リノベーションは、家族全員で家族未来計画を考え、それに合わせた家づくりができるということがなんとも言えない魅力です。

子育てリノベーションにご興味があれば、いつでもご相談ください。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_中村

理想のリノベーション済み物件を手に入れる方法

BeatHOUSEスタッフ_中村
メリット・デメリット/リノベーショ・・・

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

リノベ不動産 BeatHOUSE

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_木村

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー