オシャレなキッチン・リノベーション事例 パートII

[記事更新日]2017/03/21

今回は、前回好評であったキッチン・リノベーション事例のパートIIをお届けします。 やはりキッチンは、リノベーションを考える上で女性にとっては最も重要な空間と言えるでしょう。まず、キッチン空間を決めてから、他の間取りを考えるというお客様も少なくないです。
リノベーションを考える上ではとにかく事例を多く見て、参考にすることをおすすめしますので、今回も、より多くのキッチン事例をご紹介できればと思います。

素材を活かしたナチュラルテイストのアイランドキッチン「窓の外までつながるリビング」

最初にご紹介するのは、ナチュラルな印象のリビングのテイストにあった青と白のタイル張りのアイランドキッチン事例です。
76平米のフルリノベーション事例となります。 アイランドキッチンには、小さなカウンターを設けており、ちょっとしたバーとして使うことも可能です。

living

LDK全体が自然素材を活かしたデザインになっていることから、キッチン空間が部屋全体に調和するデザインとしています。

living

キッチンの背面は、ランダムに配置されたブルーとホワイトのタイル貼りがアクセントとなっています。 また、スリットの間仕切りを入れることにより、目線をさえぎることなく収納空間を作り出しています。

kichin

この事例の詳細はこちらから。
窓の外までつながるリビング。

カフェ風キッチン事例 「こんなキッチンを待っていた」

次にご紹介するのは、約100平米の戸建てリノベーション事例です。
ダイニングスペースは、キッチン空間も含めまさにカフェのようなデザイン。床は明るい無垢板ですが、色合いの異なるキッチンを覆う木のパネリングが特徴です。天井は、打ちっ放しのモルタル塗装で、「食」を中心にしたLDKの空間設計
となっています。

cafe

キッチンの中は、広い空間が広がっていて、半オープンキッチンの作りとなっています。

daininig

この事例の詳細はこちらから。
こんなダイニングを待っていた。

ブリックタイルがアクセントのシンプルなキッチン 「天井見上げても木」

38平米の1LDKの事例。キッチンは、ステンレスのシンプルなキッチンを採用しています。 白のブルックリンタイルが部屋全体のアクセントとなっています。キッチンの設備は、最低限のスペースで済ませていますが、ブルックリンタイルがあることにより、 おしゃれな空間になっています。

living

天井の無垢のパネリングが特徴的です。天井に無垢のパネリングをすることは比較的珍しいケースですが、床と同一とすることに、部屋全体の空間が柔らかい印象があります。

living

この事例の詳細はこちらから。
天井見上げても、木。

L字型大型キッチン事例 「1組限定のレストラン、始めませんか」

dainig

キッチン、ダイニングの空間を大きくとっていることから、「1組限定のレストラン、始めませんか?」と名付けました。大きな空間で料理をして、広いダイニング空間で贅沢な食事ができる部屋に仕上がっています。

kichen

L字型の大型キッチンは、46平米という全体の広さと比較するとかなり大きくとっていて、全体的に高級感がある仕上がりとなりました。

ブラックを基調としたこだわりのキッチン空間「扇の入口とタイル」

65平米の2LDKのフルリノベーション事例。全体はシックに黒を基調とした高級感のあるデザイン。キッチンエリアの床だけ黒のタイルとしていることが特徴的です。壁面のタイルもアクセントとなっています。こちらもまさにレストランのようなキッチン空間が実現しています。

kichen kichen

とても特徴的なのが、リビングダイニングと隣室を仕切る扇型の入り口。扉ではなく、カーテンで間仕切りすることにより、空間を広く見せています。

daining

こちらの事例はとても、ユニークなデザインを採用されていて、施主様のこだわりが強く感じられます。

この事例の詳細はこちらから。
こ扇の入り口とタイル。

タイルを活用した広々キッチン事例 「自分だけの空間、がある事例」

キッチンの背面は白いブリックタイルとし、キッチンカウンターのタイルは黒を基調とすることで、キッチンスペースが、部屋全体のアクセントとなっていて、おしゃれな間仕切りとなっています。キッチンカウンターには、ちょっとしたお茶や、お酒を飲めるスペースを設置していて、ちょっとした会話ができる作りとなっています。

kichen daing

ブルーの爽やかなキッチン空間 「土間の良さは、住めばわかる」

ブルーを基調として、全体に爽やかなキッチンに仕上がっています。カウンター・キッチンの壁面にある白のヘキサゴンタイル、キッチンの収納棚の木材パネリング、ブルーのカウンターキッチンが全体的にナチュラルな爽やかさを感じさせるキッチンデザインとなっています。
カウンターキッチンにある3つのペンダントライトもいいアクセントとなっています。壁面や造作をブルー基調都するのは、最近弊社で増えているデザインです。

kichen

この事例の詳細はこちらから。
土間の良さは、住むとわかる。

無垢材のカウンターがあるキッチン事例「日常の中の非日常」

カウンターキッチンを無垢材で造作した事例で、カウンターの下に収納スペースを作っています。キッチンスペースを広くとり、また、壁面タイルが特徴的なキッチン空間です。リビングの壁面にも収納棚を造作しており、全体的に統一感が取れたテイストとなっています。

living ldk

この事例の詳細はこちらから。
日常の中の非日常


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産 BeatHOUSE

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_菅原

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー