「玄関、それは私の家の顔」玄関のリノベーション事例集

[記事更新日]2017/03/06

外から帰ってきて玄関のドアを開けた先、目に飛び込んでくる風景が自分の理想通りだとワクワクしませんか?

人が出ていったり入ってきたりする玄関は、まさに家の顔と言っていいほど家全体の雰囲気を表します。風水的にも、玄関が泥やホコリで汚れていたり、あまり履かない靴などが脱ぎ散らかされていたりすると「外から悪い気を招く」と言われたりします。

それを抜きにしても、夜に仕事から帰ってきて電気を付けた時に広がる景色が汚いと、仕事で疲れ果てて沈んでいた気分も、もっと沈んでしまいますよね。

しかし逆に、玄関の電気をつけて広がる景色がとてもきれいで、いい香りがして、自分の理想通りの景色が広がっていると、とてもいい気分になるのではないでしょうか。

今回ご紹介するリノベーション事例は、そんな理想の家の顔の数々です。

これが私の家の顔!玄関のリノベーション事例

玄関は靴に始まり、傘や姿見、外作業で使う工具やアウトドア用品、観葉植物やインテリア雑貨など、人によって様々なものが置かれる場所だと思います。まさに自分のライフスタイルを表す顔。

靴を集めるのが趣味の人なら、玄関に大容量の靴箱が欲しいかもしれません。運気などを気にする人は観葉植物や絵画、いい香りのするアロマキャンドルなどを置く場所があるといいでしょう。
私なら自転車(ロードバイク)が趣味ですので、自転車本体と、玄関からすぐにサイクリングに出られるように自転車用品一式を収めることのできる収納が欲しいところです。

このように玄関と言っても理想の形はその人のライフスタイルによって様々で、特にリノベーションするとなると同じような形になることは殆どありません。
それでは、そんな色とりどりの家の顔を見ていきましょう。

土間と玄関を一体に。アウトドア用品一式収納できそうな収納力を持った玄関

玄関のリノベーション事例1

 ⇒事例詳細ページ「素材が主張する住まい。」

マンションだと限られたスペースでを有効活用しなければならず、リビングを広くするなどすると、玄関はどうしても狭くなってしまいがちです。しかし、本当に玄関は狭くて良いのでしょうか?

玄関に入り切らない家族の靴の数々、趣味に使うのアウトドア用品、それらがリビングにまで侵食してくるとなると、せっかく広く取ったリビングも有効活用できなくなる。それなら、いっその事玄関を土間としても使えるようにしてしまおう。

そんなやり取りが想像できそうなほど、潔くスペースを取った玄関は、サイクリングから帰ってきてそのまま自転車やヘルメットが置けるほどの使い勝手を備えました。

アウトドアが趣味の人には欲しくてたまらないであろう土間スペース。向かいのドアの先は脱衣所に繋がっていて、体についた汗や泥などの汚れもすぐに洗い流すことができます。

このリノベーション事例。まさに私の理想の玄関そのまんまです!

限られた玄関のスペースに、壁一面のオープンストレージ

玄関のリノベーション事例2

こちらの玄関のリノベーション事例。一見普通の玄関に大きな可動棚が備え付けらたように見えますが、この可動棚もお客様と設計士のこだわりが詰まっています。

と言うのも、この壁一面にある可動棚も、もともとはよくある靴箱が備え付けられているだけでした。

そのスペースをリノベーションの際に取り除き、あえて収納物を見せるオープンストレージとして活用することで、使う靴と使わない靴、いるものといらないものとをすぐに見分けることもできます。

それにこの収納、いったい幾ら位のお金で作れたと思いますか?

この場ではあまり言えませんが、恐らく皆さんが考えているよりもっと安くなると思います。
もちろん、それも家全体をリノベーションすることで出る端材などを有効活用することで実現できた値段ですが、このようにリノベーション工事を効率化することで、普通に出来合いの家具を買うよりも安く収納を作れるのが、リノベーションの強みでもあります。

玄関からリビングが見える。玄関にそんなドアがあってもいいんじゃない?

玄関のリノベーション事例3

落ち着いたデザインの中にでひときわ目立つ、リビングが見えるガラス張りのドア。

夜仕事から帰ってきて、玄関からリビングではしゃぐ子供の姿が見える。リビングの子どもたちからは、今か今かと待ちわびた父親が、玄関に入ってきたのが見える。
そういう生活が思い浮かぶような玄関のリノベーション事例です。

素材感もドア部分と棚部分とで統一されていて、全体的に引き締まったデザインとなっています。

その他の玄関のリノベーション事例写真

玄関のリノベーション事例4 玄関のリノベーション事例5 玄関のリノベーション事例6

こういう玄関って、たぶん建売の新築にはないですよね。

「靴が多いから玄関の収納スペースは大きく欲しい!」「仕事から帰ってきて落ち着くようなデザインの玄関が良い」「玄関に自転車がそのまま置けるような土間スペースが欲しい」「玄関は狭くていいからリビングを広く!」などなど、自分や家族の理想とする玄関の形を想像してみると、とても楽しいかもしれません。

まとめ

リノベーションがしたいと思った時に、玄関のことを考えることはなかなかないのではないでしょうか?玄関はまさに家の顔。理想のライフスタイルを考える際にはとても重要になってくる場所でもあります。

実際に玄関をリノベーションする際には、その形はやはり自分だけでなく家族全体を含めた理想のライフスタイルを想像することが重要です。

将来の不動産購入や自宅のリノベーションに備えて、こういった色々な人の理想の住まいの事例を見ながら、「こういう玄関欲しいな」「玄関の収納はこんなにいらないかな」といった形で、自分のライフスタイルと他の人の事例を見比べてみると新しく見えてくるものがあるかもしれません。
これらのリノベーション事例がみなさんの理想のライフスタイルを想像するきっかけになっていれば、幸いです。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

SnowPeakとコラボしたリノベーション事例【アーバンアウトドア】その2

BeatHOUSEスタッフ_鈴木
Snowpeak/アーバンアウトド・・・

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー