家トレが捗るお手頃グッズとホームジムのリノベーション事例

[記事更新日]2017/11/11

Leslie Goodwin Photographyホームジムの写真はこちら – Houzz

みなさんジムに通い続けてますか?
夏前に、今年こそは痩せると決意してジムの契約はしたけど、すでに幽霊会員になってしまってる方はいませんか?

仕事が忙しいとか、飲み会があるからとか、疲れたとか行かない理由は簡単に見つかるのですが継続して通い続けるのって本当に難しいです。

「私もまさにそれだ!」と思ったそこのあなた、安心してください。多くの人が、通い続けられていません。実を言うと私もそうです。

そんなあなたにおすすめなのが、家トレです。

家トレであれば、高い月額費を払う必要もありません。
わざわざジムまで通う時間も、交通費もかかりません。
自分が利用しようと思っている器具を他の人が使っている場合、利用できるまで待つ必要がありますが、家トレであれば、好きなときに好きなだけトレーニングを行うことができます。

ここでは、そんな家トレをしたいがために自宅をリノベーション、もしくはリフォームしたホームジムの事例と、あると便利なお手頃トレーニンググッズ4つを紹介したいと思います。

あると便利グッズその①:「ヨガマット」と、ヨガマットが映えるリノベーション事例

ヨガをするときに利用するマットですが、筋トレの際にも重宝します。
腕立て伏せや腹筋をするさいに、フローリング等の床で直接おこなうと背中や肘が痛くなったりします。

クッションを背中にあてたり、布団の上で行ったりでもいいのですがヨガマットがあれば、汗で汚れることもなく、痛みも軽減することができます。
また、ダンベル等を使う際に、直接床に置いてしまうと傷がついてしまうのでそれを防止する役割を果たしてくれます。

また、ホームセンターや雑貨店等で、1,000円〜2,000円ぐらいで買うことができますのでとてもお手軽に用意することができます。

ヨガマットが映えるリノベーション事例

Pinnacle Mountain Homesホームジムの写真はこちら – Houzz

まるでヨガマットでヨガをするためだけに作られたかのようなこのお部屋、丸型の部屋の四方に窓を設けて、外からの自然な光や風を最大限に引き込むことができます。
全身鏡は最小限に、ガラス張りの仕切壁は外からの光を遮ることなく、フロア全体に外からの自然な光を届けるように工夫がされており、同時に限定されたトレーニングルームの空間の圧迫感を軽減することにも役立っています。

あると便利グッズその②:「プッシュアップバー」

上記のようなバーですが、腕立て伏せの効果を高めてくれます。
床に手をついて腕立て伏せをするより、可動域が広がり、いつもより深く腕立て伏せができます。

また、バーを握るため力が入れやすくもなり、腕立て伏せ以外にも、腹筋を鍛えるのにも利用できます。
こちらも、1,000円ぐらいで購入可能です。お手頃価格ですね。

あると便利グッズその③:「腹筋ローラー」

one man exercising fitness workout abdominal toning wheel in silhouette on white background

両手でバーを握って、車輪を転がしながら体を前後に動かして腹筋を鍛える器具になります。

はじめのうちは、立ち膝の状態から始めるとよいでしょう。体がプルプルします。
こちらを立った状態から使いこなせるようになったら、かなり腹筋がつきます。
怪我をしないように、ヨガマットと合わせて利用するとよいです。

こちらも、1,000円ぐらいで購入可能です。

あると便利グッズその④:「ダンベル」と、ダンベルが映えるリノベーション事例

自重トレだけでも十分ですが、効果的に全身を鍛えるならダンベルです。

腕はもちろん、肩や足なども鍛えることができます。家で利用するのであれば、片手で10kgや20kgのものを用意すれば十分でしょう。
可変式のダンベルを購入しておけば、後で軽くなった時に、重さを追加することも可能です。

また、こちらも利用の際には、ヨガマットの上に置くなどするとよいでしょう。床を傷つけたくない場合は、ラバーで覆われたものを買うといいです。
こちらは、5,000円〜10,000円ぐらいで購入可能です。これまでのトレーニンググッズと比べれば少し割高ですが、それ以上の価値が有ることは私が保証します!

ダンベルが映えるリノベーション事例

Jackson and LeRoyホームジムの写真はこちら – Houzz

自宅にこのような大きなホームジムがあると最高ですね。大きな鏡とテレビがあれば、筋トレも持続することでしょう。

最近のダンベルは女性向けのカラフルな色合いのものも多くなっていますので、自分の好みに合わせて色を選んでみたり、インテイリアに合わせてみても楽しいかもしれません。

他にもいろいろ、ホームジムのリノベーション事例

Ronda Divers Interiors, Inc.ホームジムの写真はこちら – Houzz

こちらは大きい部屋ではないですが、マシンが収まっていて
一人没頭して筋トレするには適していそうですね。

Identity Constructionホームジムの写真はこちら – Houzz

こちらは、趣味の部屋兼ホームジムといった感じでしょうか。
このような部屋を持つのは憧れますね。

まとめ

家トレが捗るお手頃グッズとホームジムのリノベーション事例ということで、グッズやホームジムを紹介してみました。いかがでしたでしょうか?

まずは重い腰を上げてみて、トレーニングを継続してみてはいかがでしょう。
最初は、5日から始め、10日と継続させて、最終的には、自分なりのホームジムを作ってみる。そんなことを考えるとなんだかワクワクしてきますね。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

SnowPeakとコラボしたリノベーション事例【アーバンアウトドア】その1

BeatHOUSEスタッフ_鈴木
Snowpeak/アーバンアウトド・・・

BeatHOUSEスタッフ_木村

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー