【マイ場】Vol.1-1:アウトドアライフと住まい感_–My Urban Outdoor Field–

[記事更新日]2017/03/24

myurbanoutdoorfield_vol1_1

My UrbanOutdoor Field、略して“マイ場”始めます!

こんにちは。リノベ不動産スタッフです。今回より、My Urban Outdoor Field(略して【マイ場】)と称して、スノーピークスタッフに実際のアーバンアウトドアフィールドを「俺ならこう使う!」と妄想してもらい、私物などを交えて自分流の“マイ場”を作っていただきます。

第一回のゲストは、スノーピーク横浜みなとみらい店長の下嶋一洋さん。ご自身でも釣りやカヌーを趣味として楽しんでいます。まず今回は「Part.1:自分のアウトドアライフと住まい感」について。アーバンアウトドアフィールドの根幹にかかわる●●なコメントも飛び出し、初回からトバしていきます!

家も道具のひとつ。合理的でありたい

myurbanoutdoorfield_vol1_2

リノベ不動産_菅原
アーバンアウトドアフィールドは、自宅でも日常的にアウトドアのギアを使っていこうというコンセプトなんですが、下嶋さんはキャンプギアをどう収納していますか?

下嶋さん
キャンプ関係は2階の一室に全部入れてて、あとは釣り関係を玄関入ってすぐに小さな納戸がるので、そこに入れています。

リノベ不動産_菅原
アウトドアギアに関しての悩み事はありますか?

下嶋さん
本音を言うと、外で使ったものをリビングには入れたくないですね。椅子とか砂がつくじゃないですか。そのまま持ち込むと床がスナスナしくなるんですよ(笑)テントですら、撤収の時に一回地面にドンと置くので砂を拾ってて。テントと寝袋とマットは2階にしまってるから、なるべく地面に置かないようにしているんですけど、どうしても。

リノベ不動産_菅原
じゃあ、家の中ではキャンプで使ってるスノーピーク商品ってないんですか?

下嶋さん
いや、ウソ偽りなく使ってますよ(笑)。フォールディングシェルフ、ロング竹、あとTake!チェアロング。これは純粋に気に入って使ってます。あとは、ダッチオーブン関係かな。ただ、外では使わないインドア専用です。

myurbanoutdoorfield_vol1_3

リノベ不動産_菅原
安心しました(笑)たとえば、釣った魚とかで料理したりとかは・・・

下嶋さん
ルアーを使ったゲームフィッシングなので、食べる魚は釣らないんですよ。だからキッチンは釣りでは全然使わない。餌釣りとルアー釣りって同じように見えるじゃないですか。それって、卓球とテニスくらい違うんですよ。

リノベ不動産_菅原
知りませんでした。全然違うんですね。

下嶋さん
同じラケットとボールを使うスポーツですけど全然違う。それくらい違うんです。・・・釣りの話始めると長くなりますよ?(笑)

リノベ不動産_菅原
はい、お願いします(笑)

下嶋さん
私にとって釣りの時間って全部がトータルなんですよ。仕事終わって、車に船を積むんです。一人でね。で、道具積んで、一緒にいく友達をピックアップして、釣り場について。夏だと4時くらいに陽がのぼるから船だして・・・まぁ、釣りたいけど、釣れなくてもいい。

リノベ不動産_菅原
朝、静かな中に船をだして、そういうなかでのんびり釣り糸を垂らす時間がいい?

下嶋さん
そうです。結果主義ではないんですよ。

myurbanoutdoorfield_vol1_4

リノベ不動産_菅原
ルアーとか道具のメンテナンスとか「自分の部屋が欲しい」とかありませんか?

下嶋さん
“俺の部屋欲しいんだよ”というタイプではないですね。正直いうと、ここ(ダイニング)でいいんです。趣味の世界ってその場だけでなく、自分でギアをメンテナンスをするというところまでが“楽しみ”という部分もあると思うんです。でも私は、メンテナンスをしなくちゃいけないからする。むしろイヤイヤです(笑)

リノベ不動産_菅原
(笑)では、個室でやらなくてもいい理由はなんでですか?

下嶋さん
そのスペースを他にまわしたいと考えちゃいますね。・・・あくまで私の主観ですけど、家には道具的な考え方しかしてないんですよ。雨風しのぐ。モノを保管するスペース。生活をするところ。あとは資産的な価値か。それだけしかない。だから“装飾の部分”って感じちゃうと興味がわかない(笑)。もちろん、素材としては、経年変化していくようなものは好きなんですけどね。で、家を合理的な道具だと考えると、趣味の個室はいらないってことになっちゃうんです。

リノベ不動産_菅原
なるほど。そうすると“ルアーを飾る”とかは装飾的だから、そこにあんまり興味は・・

下嶋さん
道具を飾るより、どう機能的に収納できるかに興味がありますね(笑)。いや、世の中の釣りをする人の多くはルアーを飾って眺めるのも好きだと思います。ただ、私は「ちょっとそれ合理的じゃないな」・・・と(笑)

myurbanoutdoorfield_vol1_5

リノベ不動産_菅原
いつでも目の届くところで愛でていたい、とかはないんですね(笑)

下嶋さん
別にないです。ルアーとかも好きで多く持ってるけど“集めること”が目的ではないので。ただ、アーバンアウトドアフィールドの土間スペースで思ったのは、あそこに土がついたものが置けるってのは、すごい合理的だなって。“玄関から続いている土間”ってスペースはすごい便利ですよ。僕らからすると。

リノベ不動産_菅原
たらればですが、この部屋がマンションの1階で、土間にしっかりカヌーが収まるとしたらどうでしょうか?

下嶋さん
だとしたらぼくは、カヌーはベランダに置きますね。で、外に水道栓をつけます。洗ったりできるし土間からベランダまで靴のまま移動できるじゃないですか。すごい合理的ですよね。すごい行きやすいし、ラク。そこがすごく重要かなと。

リノベ不動産_菅原
ありがとうございます。では次回は実際に土間スペースにカヌーや釣りの道具を置いてみたいと思います。

下嶋さん
パドルなど色々ぶら下げるといいと思いますよ。

==次回「Part.2:土間スペースの使い方!」に続きます==


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー