【リノベ|インタビュー】予算内で理想の住まい!広々リビング実現の優先順位

[記事更新日]2020/02/19

 

記事の内容:

■属性:40代ファミリー(小学校入学前)、賃貸からの住み替え

■希望:エリア、予算、リビングの広さ、土間

■諦めたこと:エリア(一駅拡大のみ)

■物件探し/リノベーション会社:リノベ不動産

 

今回は、マンションなのに土間を取り入れたり、リビングを広くするために削った部分について、そして現在の「住んでみてから1年半、もっとこうしたら良かった点もある。でもこれ以上ないくらい満足している」という住み心地について、お話をお伺いしました。

 

リノベーションで重要視したポイントはありますか?


ご主人様:リビングを広くしたことですね。

奥様:家族がリビングにいる時間が長いので、子どもが勉強していても、ダイニングにいても、家族と話ができる空間がいいなと思って、角に書斎コーナーを設けて、繋がりを大切にしました。
リビングを広くするために、お手洗い・お風呂・洗面を一か所にまとめて、お手洗いは独立させなかったんです。それで洗濯機の置き場所をどこにしようかってことになったのですが、実はキッチン隣の扉の中にしたんですよね。住んでみて、キッチンで作業をしていることが多いので、導線がとても楽だなと感じます。
あとは、念願の「土間」も作りました。

ご主人様:そうだね。玄関も拡大して、もともと別の部屋だったところを削って玄関収納にしました。廊下も、元の間取りより広くなってるのですが、ここは設計の矢野さんが、面積は狭く幅を広くというデザインにしてくれたんですよ。あとは我々は、寝室は眠れればいいという考えなので、その分の広さをリビングにしてもらいました。

 

リノベーションする際に、参考にした資料などはありますか?


 

奥様:リノベ不動産のHPをメインに、インターネットでも漆喰とかタイルなどのイメージの写真をピックアップしました。

山口(イ):キッチンのモザイクタイルは個性的でステキですよね。リノベ不動産でもここまで広い範囲で施工するのは初めての事例なのではないでしょうか。こういうテイストはお二人ともお好きなのですか?

ご主人様:そうですね。仕事柄アジアに馴染みが深いので、モザイクタイル使ってみたいなと思って。矢野さんにもお伝えして、自分でも探しました。色味はサンプルを見たり、近所にあるモザイクタイルを使っているショップを見たりもしましたね。

 

室内で、お気に入りの場所はありますか?


 

奥様:私はモザイクタイルと、リビングの扉、床ですね。

ご主人様:建具は良い物を選んで頂いて、取っ手とかも、暮らしてていいなと思うものがたくさんあります。

山口(イ):床の色が建具と統一感がありとても落ち着きますね。

ご主人様:リノベ不動産のショールームの床材にモルテックスが実際に使われてますよね。それを参考にしながら、自宅にも取り入れてみました。

山口(イ):カラーのものは、サンプルだけでは怖い気がしますが、実際に使用している現場を見ると使いたい気持ちが高くなりますよね。

ご主人様:そうですね。写真でいいなと思っても、写真と現物とはやっぱり違うと思うので、素材の使われ方を、ショールームで実際に確認できたのが良かったと思います。

 

打合せはスムーズでしたか?


 

奥様:打合せの回数は多かったと思います。

ご主人様:前のお住まいの方からの引き渡しまで4か月ほど時間が結構ありまして。その間に設備のショールームを見に行ったり打ち合わせ期間が長く取れたことは逆にありがたかったです。ただ、アイディアが出てこない時は苦しかったです。設計の矢野さんに、ここはどうしますか?と聞かれて、アイディアが出なくて。逆に矢野さんに案をお願いしたこともありました。

奥様:小さいことでに、毎日何かしら決めることがあって大変でもありましたね。

ご主人様:実は諦めたことがあって、海外でよくあるシャワーのウォーターヘッドなのですが、あれやりたかったです。でも、浴室の天井高が全然たりなくて泣く泣く諦めました(笑)。

奥様:私は、クローゼットの作り方が思いのほかパワーが掛かりましたね。自分たちの持ち物の総量を考えながらサイズを決めたり、楽しいのと大変なのとありました。

ご主人様:住んでみてからの気付きですが、コンセントの位置がここにあったらなというのがあります。作っている段階では自分たちもわからない部分でした。どうやって使うのかをもっと真剣に考えてから決めたら良かったと思った点ではあります。せっかくきれいに作って頂いたのに、延長コードが出るのはちょっともったいないですよね。

 

実際にお住まいになられて、約1年半ですが、住み心地はいかがですか?


ご主人様:すごく満足しています。住んでみて住環境もすごく便利で、区役所や学校、駅などのアクセスもよかったり、子どもが比較的多いエリアなのが良いですね。これ以上望むものは無いかなというくらい、満足しています。

奥様:住んでみてから分かったのですが、この家はすごく風通しが良くて過ごしやすいんです。通気が良いので、部屋の中がいつも爽やか。真夏はエアコン入れることもありますが、夜は涼しい風が抜けるのが気持ちいいですね。自分たちが年を取ったとしても、近くにお買物に行ける場所もあるし、身の回りのことは近場に揃っていますしね。マンションの管理組合もしっかりしてるのも将来的な安心感があります。

 

ご家族やご友人は遊びに来られますか?


ご主人様:はい、来ていますよ。リノベーションの話もしているので、みなさん感心を持って見に来てくれます。子どものお友だちが来ると、見慣れない間取りに驚いて楽しんでくれています。

 

新しい暮らしで変化したことはありますか?


ご主人様:前の家では、家が狭かったこともあり、子どもが外に出たがることが多かったのですが、今はリビングで過ごすことも増えましたね。リビングの中でも子どもはデスク、奥さんはキッチン、僕はソファという感じで別々のような一緒のような。あとは、オープン棚に飾っている器を眺めることも好きです。

奥様:オープン収納が多いので、モノを捨てるようになりましたね。引っ越しした時に大分整理したのですが、定期的にちょっとずつ処分しています。最初は扉付きのほうが隠せる思ったのですが、定期的に自分たちのライフスタイルを見直す機会にもなって、今は良かったと実感しています。子どもも、前の家よりもお片付けをするようになりました。

山口(イ):壁がクロスじゃなくて塗り壁なので、また良い雰囲気が出ていますね。

ご主人様:そうなんです。光が当たると壁の陰影も良いですし、漆喰は調湿作用もあるということなので、風通りの良さもあって、室内がいつも軽くてクリーンな気がしています。

 

まとめ


今回のリノベーション編では、K様のプランにはリビングと玄関土間の広さを優先し、他は機能性を重視するという優先順位が決められていたことが伺えます。また、ご家族間でのコンセンサスもしっかりとれていたことで、現在の暮らしが「これ以上ない」と言えるほどの住まいになったようです。

素材選びに迷ったら、現物を見る。そして、電源コンセントについては「せっかく内装デザインにこだわるなら、コンセント位置までこだわる」というお話は、今後の参考にしたい点です。

また、奥様の「モノを捨てるようになりました。定期的に、ライフスタイルを見直す良い機会になっています」という言葉は、現在のお住まいを大切に思われていることを感じるお話でもありました。

後編の物件探し編では、希望に見合う物件が見つかるも先約があり、再スタート。お子様の入学も控え、転居するなら今、、、という焦りもありつつ、どのように現在の物件に出会ったのかお伺いしています。

 


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ先輩の本音 #3 F本さんの場合①

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ
お客様の声/リノベインタビュー/リ・・・

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_菅原

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル