「中古+リノベーションする際に見落としがちな重要ポイント」をプロに聞いてみた。

[記事更新日]2017/04/15


リノベ不動産 | BeatHOUSEの菅原です。せっかくコラムを書く仕事頂きました。ツラツラとウンチクを書いても読まないかなと思いますので、わたくし”菅原”が社員全員にインタビューして、実際に来店しないと聞けないことや、その人だけが持っている普段聞けない情報なんかを聞いてしまおうって企画を立ててみました。

中古物件を購入してリノベーションしたり、自宅をリノベーションする時は前日に家族と話していた大切なことをテンションが上がってしまい、当日聞くことを忘れていたり、不安な気持ちが相まって、いざという時に忘れたりと、見落としがちなところが多々あったりします。今回、中古購入からリノベーションする際に見落としがちな隠れ重要ポイントをプロフェッショナルな弊社の社員に聞いてきました!

インタビュー開始!やはり最初は・・・

ではいってきます(笑)

菅原
まず初めは、我らリノベ不動産|BeatHOUSEの社長「鎌田友和」に聞いてきます(笑)いつもですが、アポなし突撃します!



、、、、、、、、いない。












、、、、、、、、、いない。。。











結局、アポ取らないと会うのが難しいので、最後の大トリにします(笑)
さらに、菅原と社長のいない机を取っても全く面白くなかったので、割愛させていただきます(笑)

なので、、

スタートはレディファーストってことで一番若い営業の和田ちゃんにします(笑)え?女性が好きなだけって?レディファーストの意味わかってるかって?いやいや、これは仕事なので、仕方がないっす(笑)

引越し時期、更新のタイミング

菅原
和田ちゃん!
ちょっとお願いが(笑)
あれが、、これで、、、お願いできます?
和田ちゃん
あ、いいですよぉ~

菅原
あ、
顔はかくしちゃうんだ(笑)

和田ちゃん
恥ずかしいんで・・・
このままで!

菅原
(笑)ではあらためて、スタート一発目は、「引越し時期、更新のタイミング」これはどういうことですか?

和田ちゃん
中古リノベーションだと、ただ家を買って、引越しましょっ!とは違くて、リノベーションが入るからやっぱりタイミング的に1ヶ月半ないし2ヶ月伸びるじゃないですか?例えば打ち合わせの内容とかもスパッって決まる方もいるけど、すごくこだわりたくて、何回も何回も打ち合わせを重ねてって方もいるから、それが家賃の更新が2年間のものがもうすぐそこっ場合があると、更新料がかかっちゃうからもったいないし、お子さんが小学校に入るタイミングとか、ライフスタイルとの兼ね合いが絡むと、探し始めるタイミングと合わせて、どのくらい自分たちが、いつくらいに引っ越すのか最初にイメージしていた方が じゃいついつまでに物件決めないとあれだねって、前倒してスケジュールが組めるかなてって

菅原
引越しの時期をある程度見てくると思うけど、全然足りない人が多いんですか?
和田ちゃん
リノベーションにどれくらい期間がかかるかって知らない人も多いから、そんなに時間かかるんですかって聞かれてることが多いですね
菅原
逆に、余裕の時期というか、どれくらい前もって探し始めるといいんですか?
和田ちゃん
んー人にもよる、、、(笑)物件もスパッと決まる人と、決まんなければ1年探してるひともざらにいるいるから。それでも仕方がないよねっていう人もいます。でも、、、余裕持ってリノベーションが2ヶ月として、設計の打ち合わせも2ヶ月として、物件探しが2ヶ月として、、半年前とか?

菅原
ってことは更新時期の、最低でも約半年前くらいの探すと結構いい感じみたいな?

和田ちゃん
物件探して、契約もあるし、鍵も、会えるタイミングとかもやっぱりあるし。半年前、、、半年前あれば、、、

菅原
もちろん半年よりも早くから動き出せば余裕があるんだけど、、まぁキツキツにならない感じでいうとであれば半年くらいがいい感じですかね~

和田ちゃん
そうじゃないとしんどいと思う。

菅原
そっか~しんどいかぁ~しんどいのは嫌だよね~。ありがとう!最初からすごく実ある話が聞けました!時期はたしかにすごく重要だよね。ありがとうございます!

6,200!?

次は、、、よくイベントとか、設計とか、営業とかいろいろと接点がある水戸さんだな!話しやすい安定どころで(笑)水戸さん!

菅原
先輩!お願いします!笑 って6200、、、ほにゃらら?難しいですね~。これはどういうことですか?

水戸さん
これはあの~物件を探すときに、マンションですと、ワイドスパンって言うところの、できたら間口を6200mm以上取れると自由度が高くなる。中で家具の配置したときや、全てにおいてのゆとりが生まれる寸法っていうのがここなんですね

菅原
このワイドスパンって言うのは玄関を入って、正面を見たときの横幅が6200mm以上ってことですか?

水戸さん
そうそう、それがいわゆる間口ですね!

菅原
実際にこういう6200mm以上って物件って多いんですか?

水戸さん
割とあります。ないものもあるんですけど。よくあるのが、そのマンションの右から左でも、左から右でもバーって部屋を作られていくわけじゃないですか。一世帯ずつ。それのどっかにしわ寄せで6200以下ってのが結構あるんです。結局効率的に作っていくんで、足りるか足りないかで、ちょーワイドスパンな家と、ちょっと狭小の5000いくらかの家とか。そうすると、一般的に日本のマンションは玄関入って左右に部屋が振り分けられる構造なんで、左右どちらの部屋もそうですが、だいたいベットの向きも奥行き方向に対しての配置が基準になっちゃうんです。廊下に対して直行したベットを横にってなると、通路が取れないとかが多いわけなんですよ。

菅原
レイアウトも決まっちゃうし、部屋も埋まっちゃうってことですね。

水戸さん
そうするとLDKに行けば、結局はソファを置いても、リビングのテレビまでの距離も1800mmしかないとか。そういうせま~い、細長~い家にしか作れなくなっちゃうんです。

菅原
そうすると中古購入してリノベーションするっていう、リノベーションの醍醐味も非常に狭まってきちゃうってことですね。

水戸さん
そうするとね、奥に狭い、暗いって間取りを作るしかなくなってきちゃう。で6200mmは基準。それより大きいものを選んでいただいた方がいいかと。

菅原
すげ~タメになるやつじゃないっすか!!お忙しいのに、いつも本当ありがとうございます!!

リノベーション会社選び

なんかノリに乗ってきてしまいますね(笑)せっかくなので、最後に注文住宅やリフォーム・リノベーションのプロと出会えるマッチングサイト「SUVACO」から、最近ジョインした中田さんにもこのノリで聞きにいってきます!

菅原
お願いします!

中田さん
え?まじ?今?

菅原
ぜひ、今お願いします(笑)

中田さん
(書き書き、、、、)

菅原
お、リノベーション会社選びですか?

中田さん
だってリノベーションが全然自分が合ってないところを選んじゃったさ、それって最初から全然ダメじゃん?

菅原
それは不動産を探す前から、リノベーションし会社を選定しておく必要があるってことですか?

中田さん
そうそう。そうですそうです。

菅原
それはワンストップがいいみたいとか?

中田さん
ワンストップもいいし、リノベーション自体が自分のテイストとかと合ってるとか、値段感もあってるとかもあるし、ちゃんとしてるかってこともあるし、もうこんなこと言っちゃって、、、まぁそうだね。

菅原
先に不動産会社を選ぶよりも、リノベーション設計の最終的なイメージやスタイルを最初に決めてからスタートがよいってことですね?

中田さん
それでリノベーション会社と一緒に不動産をを選らんでいったりするのがいいですよ。でもこういう風にいうと、選んでくださいよってなるけど、これたぶん真理。でもなんかやっぱりうちを選んでくださいよ。ちゃんと選定するとうちっていうニュアンスになっちゃうからあれだけど、これ本当です。だって自分とね、テイストも趣味嗜好も、全く方向性も違うところとやっちゃってもね。

菅原
もともこうもないってことですね

中田さん
そう、もともこうもない。だから最初に自分で物件を選んじゃうと、なんかあんまりよくなくて、本当は最初にパートナーを選らんで、その人たちと理想を家作りっていうものを意識した上で、物件を選べきで、絶対正しいやり方。本来ならばリノベーション会社を2、3社見るべきなんだよね。それは絶対言わないけど、、でもそれって真理なんだけどね。

菅原
中古リノベーションに言えば、ここが圧倒的に重要なポイント?

中田さん
いや~これは重要なポイント!

菅原
確かに本当に見落としがちですよね。家探しってなると、どうしても家にフォーカスが行きすぎちゃって、イコール不動産屋さんとかハウスメーカーとか、不動産にいきますよね。ただ中古リノベーションってなるとやっぱりここが大事ですよね。

中田さん
本当にどこがワンストップできる会社なのかとか、逆に言うと最初にリノベーション会社に選んで、その人が全然物件選びができないとかっていうことがあるし、全然ローンことが知らないとかあり得るので、それをちゃんとしっかりと一気通貫できるワンストップの会社を選びなさいよと!それをできるのはうちしかない、、、国大最大級ネットワークの、、、

菅原
国大最大級ネットワークの、、、、

中田さん
国大最大級ネットワークの、、、、

菅原
リノベ不動産|BeatHOUSEしかないと!

中田さん

菅原
ありがとうございます!

中田さん
え?もう終わり?全然時間足らないなぁ

、、、終わりです(笑)特集記事作りますか(笑)

中田さん
それもいいか(笑)

まさかの連載もの!?これ続くやつ!?

わたくし菅原が社員全員にって思って、ノリでやり始めたのですが、案外聞いてると面白い!!写真を撮って全員並べてオッケー的に書こうと思っておりましたが、これ連載物になりますね(笑)これ連載にしていきますので、ぜひ読者になってください(笑)


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_菅原

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー