理想のリノベーション済み物件を手に入れる方法

[記事更新日]2017/06/14

最近の中古マンション・中古住宅市場では「リノベーション物件」が1つの流行になっています。

リノベーション物件を手に入れるには2つの方法があります。
1つは、私たちリノベ不動産|BeatHOUSEでもおススメしている、手が加えられていない物件を購入し、ご自身でお好きなリノベーションをする方法。
もう1つは「リノベーション済みの物件」を購入することです。

実際に中古マンションをお探しの方は、「リフォーム済」や「リノベーション済み住宅」と記載のある資料・Webサイトや実際に物件をご覧になった方も多いと思います。今回は「リノベーション済み物件」についてご紹介いたします。

リノベーション済み物件とは

「リフォーム済」「リノベーション済み物件」と言っても、その内容はさまざまです。壁のクロスを張り替えて室内をクリーニングをしただけのような簡単なリフォームもあれば、スケルトン状態まで解体し、間取りや設備、給排水管に至るまで全て新規に交換するリノベーションまであり、一概にどれも同じレベルとは言えません。そんなリノベーション済み物件ですが、購入するメリットもあります。

リノベーション済み物件を購入するメリット


↑弊社のリノベ済物件(※販売終了)

すぐ入居が可能

リノベーション済み物件を購入するメリットとして、まず考えられるのは「すぐ入居ができる」ことです。物件を契約して決済を行えば、鍵が手に入り、その日から住むことが可能です。中古購入+リノベーションの場合は、そのタイミングから工事が入るため、実際の入居のタイミングはもう少し後になります。

完成を見てから購入できる

実際のリノベーション・リフォームの完成を見てから購入が可能なので、思っていたのと違う!というケースが少なくなります。リノベーションやリフォームは工事中に完成をイメージすることが難しいので、中古購入+リノベーションに不安が多い方は、リノベーション済み物件を買うのもいいかもしれませんね。

資金計画が明確

資金計画

ご自身でリフォームやリノベーションを行う場合は、最終の見積もりが出るまで、総資金が不明確になりがちです。要望を追加して、当初の予算をオーバーしてしまうこともあります。リノベーション済み物件の場合は、リフォーム・リノベーションの費用が物件価格に含まれているため、総資金計画がずれることが少ないです。また、住宅ローン1本で組むことができるため、別でリフォームローンを組む必要がないというメリットもあります。

打ち合わせが不要

リフォームやリノベーションに関しての打ち合わせが不要のため、忙しくて打ち合わせの時間を取るのが難しいといった方にはおススメです。

リノベーション済み物件を購入するデメリット

自分の好み

自分好みではない

中古購入+リノベーションとは違い、間取りや内装、設備が全て決まっているため、場所はいいけどこれは好みではないという物件に出会うこともあるはずです。多少であれば妥協して住む方もいますし、根本的に気に入らなければ、入居前に壊して新たにリノベーションする方もいらっしゃいます。ですが、全て新品のお部屋を壊すのも勿体無いですし、そこまで予算をかけるのが難しい・・・という方がほとんどです。せっかく、高い買い物をしたのに、不満を抱えたまま住むというのも残念ですね。そんなあなたにおススメの方法があります!

リノベーション済み物件にプチリノベ!

このリノベーション済み物件の床が無垢材だったら、壁が珪藻土だったら、こんなキッチンだったら・・・気に入らないところがこうだったら購入したいのに!と思う方も多いでしょう。そんなあなたにおススメなのは、その立地を気に入っているリノベーション済み物件を購入して、そこにプチリノベーションをしましょう!

リビング空間だけ

ケースとして多いのは、みんなが集まるリビングを快適な空間にするプチリノベです。壁に珪藻土を塗ったり、木材をパネリングしたり・・・少し手を加えるだけで、自然素材の暖かみを感じられる空間に変化します。

書斎スペース・勉強スペース

お部屋の一角に本棚やカウンターを作成し、書斎スペースや勉強スペースとして活用する方法もあります。リビングに作ればみんなで使えるPCスペース・勉強スペース、寝室に作れば書斎スペースとして使用できる空間にもなります。

簡単な間取り変更

床の張替え工事が発生する可能性がありますが、空間を間仕切ったり、逆に壁を取って広い空間を広げることもできます。

洗面化粧台

洗面化粧台

既製品の洗面化粧台ではなく、タイルをあしらったカワイイ洗面台への変更を希望する方も多いです。設備の中では金額的にも工事的にも簡単にできるので、ご希望される方も多いです。

さいごに

すべてが気に入った100点満点の物件やリノベーション済み物件に出会うことはなかなか難しいです。もう少しここがこうだったら・・・という思いで購入に踏み切れず、物件を買い逃してしまった方もいらっしゃるはずです。そんな後悔をしないためにも、物件探しと平行しながら、リノベーションやプチリノベについてイメージを膨らませるのもいいですね。

まずは物件探しをしてくれるリノベーション会社に相談してみるのがおススメです。物件を見ながら提案をもらうことができるので、後悔しない住まい探しができるのではないでしょうか?


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー