【後編】拝啓 リノベ派様。その『不動産屋さん』は、不動産を紹介してくれません。

[記事更新日]2017/03/20

こんにちは!WAKUWAKUリノベーションマガジン編集部です!
今回は、前回の続きについて書かせていただきます。

前編は、コチラからどうぞ
5.拝啓 リノベ派様。その『不動産屋さん』は不動産を紹介してくれません。

楽しいハズの中古購入+リノベーション。
リノベーション向き物件探し
成功の秘訣は、不動産会社選びにアリ!

では、続きをどうぞ!

不動産営業マンの常識! ノルマ達成には、高額物件が手っ取り早い!

営業

私はリノベ不動産で働く前に、いわゆる一般的な不動産仲介会社におりました。
営業も経験させていただきましたが、予算4,000万円のお客様には4,000万円の
物件を紹介する事が常識でした。

ココだけ読むと当たり前の話です。
しかし、不動産会社ではS様のようにリフォームやリノベーションを希望するお客様にも、予算の範囲内で“なるべく高額な”物件を買っていただくように誘導するのがセオリーだったりします。

もう、皆様おわかりですね??

物件価格が高い方が、いただける仲介手数料が多くなるからです。
さらに言うと、自由にリノベーションを楽しみたい方にも、
リノベーション済み物件を紹介し、“両手契約”に誘導した方が
仲介手数料はさらに多くなるんでしたね??

不動産

どの業界の営業担当者もノルマを抱えています。もちろん不動産業界も例外ではありません。

不動産業界は結構古い業界でして、一昔前の漫画のようなノルマを達成できないと大勢の前で滅茶苦茶に怒鳴られるような会社も多く存在しています。

不動産仲介の営業ノルマは、お客様からいただく“仲介手数料”の合計額である事が多く、営業マン1人の月間のノルマは、会社によってまちまちですが、300~350万円というところでしょうか。。

月間2件成約すればノルマ達成なのか、3件成約しないとノルマ達成しないのか。この『たった1件』の差は、“一生に1度のお買いもの”と言われている不動産を販売する彼らにとってとても大きい差なのです。

つまり彼らは、予算4,000万円のお客様には、3,000万円の中古物件を購入していただき1,000万円の予算を持って、別のリノベーション会社に行かれては困るのです。

これが、S様がT不動産にリノベーション向き中古物件を紹介してもらえなかったカラクリです。

さらに言うと、不動産営業の給与体系も大きな要因だと思います。
“フルコミッション(完全歩合制)”を取っている会社も多く、仕事の成果に応じて給与が大きく変動します。

月に1件も成約できなければ、今月の給与は『 0円 』です。
私も家族がおりますがので、もしその会社で営業をしていれば、きっとお客様の暮らしの事を考えず自分の家族を守る為、(そして皆の前で怒鳴られない為)どのような手を使っても契約を取ろうとしてしまうと思います。。悪いのは“人”ではなく“システム”だと思いませんか!?

とは言え、給与が完全定額制で、成約になってもならなくても給与が変わらない担当者というのも、イマイチ頑張ってくれなそうでちょっと避けたいですね。。

お客様の一生に一度のお買いものってカンタンではないので、パートナーである営業担当も、ある程度モチベーションの高さが必要だと思います。

お付き合いするなら固定給+歩合の会社がいいなぁと思います。
給与体系で、不動産会社えらぶのもエラくマニアックですが。笑

リノベーション向き物件探しは、『中古+リノベーション』専門店へ。

横浜ショールーム

上記の事から普通の不動産会社では、なかなかリノベーション向きの物件を紹介していただけない事が伝わったかと思います。

リノベーション向きの物件探しは、中古購入+リノベーションの専門店にご相談ください。『お住まい探し』と『リノベーション』を1社で担っている会社です。

このように両方をワンストップで提供している会社は、
例えば予算4,000万円のお客様に対し

・3,000万円の物件 + 1,000万円のリノベーション
・2,500万円の物件 + 1,500万円のリノベーション
・3,500万円の物件 +  500万円のリノベーション
・3,400万円の物件 +  600万円のリノベーション

と、お客様のベストバランスでご提案が可能です。

アレ?それだと仲介手数料が下がってしまうから、紹介してもらえないのでは??と思われるかもしれませんが、ワンストップで提供する会社は、物件価格が下がっても、リノベーション工事でキチンと利益を確保できるビジネスモデルになっております。

これが、物件価格に拘らず、お客様に寄り添ったご提案が可能な理由です。
不動産仲介会社の機能も兼ね備えているので、もちろん4,000万円のリノベーション済み物件をご紹介する事も可能ですなので、選択肢が広がる事もメリットの1つですね。

『ワンストップ』という言葉に要注意!

ワンストップ

『お住まい探し』と『リノベーション』を1社で担っていなくても“ワンストップ”を謳っている会社は多いです。

  1. 『不動産会社』+『提携したリフォーム会社』が提供しているワンストップ
  2. 『リフォーム会社』+『提携した不動産会社』が提供しているワンストップ

これらにお気を付けください。

ワンストップを提唱しているのに、『お住まい探しは、ご紹介するパートナーの不動産で・・』また逆に『リノベーションは、ご紹介するパートナーのリフォーム会社で・・』と言われたら、本当のワンストップではないかも。。と疑っていただいた方が良いと思います。

『お住まい探し』と『リノベーション』を1社で担っている会社でないと理想の空間手に入れるのが難しくなってしまいます。

このコラムのメインテーマですが、不動産会社は、“なるべく高額な不動産を買ってほしい”と考えます。そしてリフォーム、リノベーションの会社は、“なるべく高額な工事を受注したい”と考えます。

皆さま、総予算は決まっておりますので、
・先に不動産会社で物件を購入し、リノベーション会社に相談した際、『費用が足りない』と言われて、やりたい事がほとんどできなかった!

・先にリノベーション会社に行って、理想の空間に対して請負契約をした後、不動産会社に向かったが『費用が足りない』と、予定より駅から遠い物件や、予定より狭い物件しか紹介してもらえなかった!

など、別の利益を追い求める複数の会社が介入すると、物件とリノベーションにかける費用のバランスがコントロールできません。
結果、楽しいハズの中古購入+リノベーションで“自分の思っていたものと違う”マイホームが完成してしまう事故が多発しています。

本当の1社完結型ワンストップなら、『物件5;リノベ5』『物件7:リノベ3』などお客様の理想の住空間を創る為のベストバランスで、物件やリノベーションのご提案が可能です。

また、1社完結なら万が一問題が起こっても責任の所在があいまいになる事がありません。窓口が1社なのでに安心してご相談いただけます。

コラムを読んでいただき、リノベ不動産に行って相談をしてみよう!と思っていただいた方は、コチラからご予約くださいませ!

Beat HOUSE 横浜ショールーム

当社は、横浜駅から徒歩5分の場所にショールームを構えております。
ご来店お待ちしております!

今回も長くなりましたが、ここまでコラムを読んでいただいた皆様、
本当にありがとうございました!またお会いしましょう!


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_中村

理想のリノベーション済み物件を手に入れる方法

BeatHOUSEスタッフ_中村
メリット・デメリット/リノベーショ・・・

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_中村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_中田

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー