リノベーションで叶う。俺の、私の秘密基地

[記事更新日]2017/05/21

トイレで新聞を読むお父さん

トイレで新聞を読むお父さん。

汚いと思われますか!?
そんなイメージはもう、かなりな昔話です。

よくある家庭の日常の風景として、ホームドラマなどで描写されることも珍しくないくらい、今では普通のことです。
中には、雑誌や本をトイレ内に常備しているご家庭もあるほど。

日本のトイレ事情は清潔でほっと一息つくことができる空間と化してきました。

家の中で唯一、
カギをかけて誰も入って来られない状態にすることが堂々とできる部屋というのも、ほっと一息の気を抜ける場となっている理由なのかもしれません。

トイレに通ずるものは、秘密基地!?

まだまだ幼かった頃。

パパやママですら安易に入ることはできない
自分だけの空間を持つことに、憧れを抱いていたことはありませんでしたか?
そしてその憧れた空間に、決して広々としたものを欲してはいなかったはずです。

秘密基地

あの超有名なブルーのネコ型ロボットの寝室でもあり
ここ最近では某チョコクッキーのCMでも登場している
押し入れも、その条件を満たしていますよね。

ちなみにそのCMは、そうです!隊長のやつです。
幼稚園くらいの男の子の秘密基地(=押し入れ)にパパが招かれている模様で、そのクッキーの変わった食べ方を、男の子がパパに教えています。そこは男の子が全てをきめることができる唯一の空間なのです。

もちろん、ママには内緒です。

キッチンは女の秘密基地!?

パパと息子、男同士の秘密基地が押し入れならば
ママと娘、女同士の秘密基地はお台所です。

今では、料理男子なんて言葉もいつしか生まれ
男性も家庭で料理をする人も当たり前になってはいますが、
やはり、キッチンは女性の場所というイメージは濃厚です。

私が子どもの頃は
カウンターキッチン内の、人がギリギリすれ違うことができる位の幅のスペースの隅っこに、ただただ座ってゆったりと過ごしていたことが時々ありました。
なぜかそこがくつろげたのです。

ダイニングやリビングの様子を見渡せながらも、
そことは一線を画している感じ、少し奥まっていて、どこかフィットする感じがいいのかもしれません。
1人で過ごすのもいいですし、女同士そこで作業をしながらあーだこーだと話をするのにも、最適な空間なのかもしれません。

キッチンは女性の場所ト/ホームオフィスの階段で現代的な家庭-gm520490154-90974113

どんなに自分をさらけ出して生きている人でも
心の1番奥深くにあるあなたの核となる部分は、内に秘めて普段は誰からも見えないようにして生きているはずです。
信頼できて信用できて、本当に限られた人にだけ、たまには心を許して見せられるのではないでしょうか。

それと同じなのが秘密基地。
と言っても過言ではありません。

だから、色んな人が出入りすることは不可能な狭さが落ち着くのでしょう。
そこは、その人らしさが詰まりに詰まった場所です。
誰からも脅かされる心配が一切無い、完全に安心していられる空間でないといけません。

そして、その空間のどこに何があるのかを全て把握できているのも本人のみ。

前述したキッチンにもそのことは言えますよね。
毎日そこで過ごすママは、どの棚のどの扉を開けば何があるのか細々したものまで把握しています。
一方、いつもは台所に立たないパパはどうでしょう。
お茶っ葉がどこにあるのかですら、あらゆる扉を開いても見つけられないなんてことも日常茶飯事なご家庭は少なくはありません。

リノベで叶う!あなたの秘密基地

秘密基地というのは、その人らしさがぎゅっと凝縮されて詰めこまれている空間です。その人らしさとは、その人の価値観とも言えます。
つまり、その人が生きて来た中で、そしてこれから生きて行く中で、
最も大切なもの、中核となるものです。

好きなタイプは「価値観の合う人」なんて話をよく耳にしますが、
その前に、あなた自身はご自分の価値観がどんなものなのかを分かっていますか?と思うこともしばしば。

例えば、シンプルに「健康が1番!が価値観です」という2人がいたとしましょう。
2人とも健康のために、食事も気にして、運動も心がけていて、お酒やタバコも控えています。表面的にはとても価値観が合っているように見えます。

ですが、少し掘り下げてみたらどうでしょう。

1人は「健康でいることが何よりも大事!病気になったら仕事ができなくなる」
もう1人は「健康でいることが何よりも大事!病気になったら遊べなくなる」

「健康」という同じワードにも関わらず
ほんの少し掘っただけで、この2人の価値観の違いが見えてきます。

さて、あなた自身の価値観はどのようなものですか?
掘り下げて行くことが、秘密基地を作る行程でとても重要なものとなってきます。

こんなお伝えの仕方をすると、なんだか面倒に感じられますよね。
すみません。
ただ単純に純粋に、子どもの頃のように、あなたが本当に好きなもの本当に大切なものだけを集めれば、秘密基地は出来上がります。

俺の、私の秘密基地

その本当に大好きで大切なもの仕舞い込める空間は、どんな風にしたいですか?
そこも秘密基地作りに重要なポイントです。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_中村

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産 BeatHOUSE

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベーションにおけるinstgramなどのsnsとpinterestの活用法

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ
instagram/pintere・・・

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー