リノベ先輩の本音#5 N井さんの場合②

[記事更新日]2017/04/06

こんにちは。みなさんお馴染み「リノベ先輩の本音」です。
素敵なあったか家族のN井様に、

「実際にリノベをしてみてどうだったのか?」「大変なことはなかったのか?」

をお聞きしています。前回に続き、今回は、「リノベ先輩の本音#5 N井さんの場合②」です。
まだ①をお読みいただかずに、こちらに迷い込んでしまった方。ブラウザバックせず、ぜひ①からご覧ください。

「リノベ先輩の本音#1 H井さんの場合」

それでは、パート2です。どうぞ!

実際に住んでみて

弊社営業Y
通年過ごされてみて、中古リノべ物件に何か感じることはありますか?
奥さん
風の通りがいいですね。部屋自体の抜けがいい。夏とかも蒸し暑さがこもったりはしない。あと、静かですね。
弊社営業Y
この物件見つけてきたの奥様ですもんね。
奥さん
物件を探してるとき楽しかったですね。
弊社営業Y
最近は、リノべを上手くできそうで、それでいて仕入れの値段が安いものはかなり減ってきましたね。やっぱりリノべ業界が勢いついてきているからこそ、仕入れ値もだいぶ上がってきてますね。
奥さん
どんどん変わってきてますね。この家の前に、ここにしようかなって思った物件は先に買われちゃいましたしね。競争激しいですね。
弊社営業Y
そうですね。やっぱり、即決しないとすぐになくなっちゃう雰囲気はありますね。ただ、お客様に対して、即決する覚悟を求めるのも難しいですね。
旦那さん
たしかに。他の物件とかも目移りしちゃうし、金額も大きい買い物だから、「もっといい物件あるんじゃないか?」ってなりますもんね。
弊社営業Y
私たちもリノベーションしたいんですけど、まずは箱(物件)を抑えないといけないので。話は変わりますけど、このマンションに住まわれてる方々って、N井様と同じくらいの世代の方々なんですか?
旦那さん
いやいや、全然違いますね。かなり年配ですね。ほぼ50−60代くらいですかね。自分たちのこどもが独立して、夫婦二人で住んでいる、みたいな方がほとんどですね。「若い人が来てくれてうれしいねえ」って言われます。もう僕も若くないですけどね。(笑)
弊社営業Y
若い人が多い、人がよく入れ替わるマンションよりは、すごく落ち着いている印象ですかね。リノべ前の部屋の構造だと、水回りがかなり入り組んでたんでしたよね。
奥さん
水回りはリノべで変えて、ほんとうによかったと思いますね。デザインも、かなりかわいくしていただいて。

シンプルにまとまった洗面台

弊社営業Y
収納とかはどうですか?
旦那さん
収納はね。もう少しあったほうがよかったと思いますね。一応作ったけど、まだまだ欲しかったです。引き渡し後に、追加で作ってもらったんですけどね。僕たちが物を持ちすぎなんですけども。トランクルームがマンションの1Fに別にあったので、それは助かりましたね。そういう物件+αの部分も、家探しの時は大事な気がします。
弊社営業Y
トータル的な住みごこちはどうですか?
旦那さん
全然問題ないですね。満足してます。さっきも言いましたけど、空気がこもらないところもすごくいい。部屋の空気感がいいです。床の無垢材とか壁の珪藻土とかが効いてるんですかね。
弊社営業Y
これだけの面積ご使用いただいているので、無垢と珪藻土は、かなり効果あるかなと思いますね。
奥さん
そうですね。やっぱりリビングの空気感は好きです。
弊社営業Y
キッチンとかは、奥様の聖域感が出ていますが。
旦那さん
僕はほとんど料理しないので。ごくまれにしか立ち入りません。(笑)

奥さん
自分の部屋もないので、キッチンだけは、私の好きにコーディネートしてますね。

完成直後のキッチン周り

弊社営業Y
お友達とかご家族はいらっしゃったりしますか?
奥さん
そうですね。住み始めたころは結構来てましたね。遊びにきた友達とかには、このドアの色の人気が高いです。

奥に見えるのが、来客に人気のドア

弊社営業Y
奥様が選ばれた色でしたよね。リノベーションは、お客様自身でいろんな部分を選んで作り上げていくので、愛着をもたれる方が多いですよね。よく家って3回住み替えないと、自分たちの理想に近づけない、っていう話を聞いたりしますけど、もし、お金とかの話は一回度外視して、いま考える理想を実現できるとしたら、どんな家がいいですか?
旦那さん
でも基本は、この家ですね。この家の雰囲気をベースに、あとは、ライトを変えたりとか世界観をどんどん推し進められたらと思いますね。照明の工事とか含めて、明るさとかも足していけたりできればいいですけどね。だから、かなり今の家に満足してます。
弊社営業Y
リノベーションの打ち合わせの時は、奥様が「こうしたい!」っていうのがすごくはっきりしていたので、進めやすかったです。
奥さん
床板の色合いとか壁とか、部屋に使われる色は最後まで変更したりとかしましたけど、気にいってますね。
弊社営業Y
ありがとうございます。お引き渡し当時とはかなり雰囲気も変わってますので、また横浜オフィスに遊びに来てくださいね。
奥さん
はい。ぜひぜひ伺います!
弊社営業Y
本日はありがとうございました!

今回のポイント


・会社・それぞれの担当者とお客様の相性は、何より大切
・リノベは、「マンションなのに注文住宅ができるもの」と考えて、新築との比較をするべし
・室外収納や管理組合の様子など、物件+αの部分も意識すること

それでは、次回もお楽しみに。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_菅原

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー