“注文住宅”になりうる”中古購入+リノベーション”という買い方

[記事更新日]2017/04/23

大きな市場へ、リノベーション市場

 
”リノベーション”という言葉は、2000年代初頭から使われ始め、最近ではテレビでも、ファッション雑誌やビジネス雑誌でも日常的に扱われるようになってきました。改装工事やリフォームからDIY、リノベーションへと変化してきており、改装工事は死後になってきているのではという感覚さえ覚える程になりました。実際に店舗にいると、住宅購入を考えたときに、リノベーションもいいんじゃないかと検討する方が増えてきている実感があります。リノベ不動産|BeatHOUSEが創業した4年前と比べると、当時は全くなかったリノベーション会社が、今では非常にたくさん目にするようになり、大手企業も参入してきている大きな市場へと成長してきています。

とはいえ、住宅購入する際、たくさんの選択肢があります。選択肢があるからと言って日々のランチで、昨日はイタリアンだったから、今日は行きつけの中華屋さんで麻婆豆腐定食を食べようと毎日自宅を変えることは現実的でないものです。だからこそ、住宅展示場に行ってみたり、インターネットでメリット、デメリットを調べたり、夢のマイホームを手に入れるために、たくさんの要望を叶えるために奮闘する。そんな光景が目に浮かびます。

一戸建て住宅、マンション、、、もう少し細かく言うと、注文住宅、建売分譲戸建て住宅、分譲マンション、中古戸建住宅、中古マンションなど建物の種類だけでもたくさんありあり、その一つ一つの分野に、ハウスメーカーや建築家、工務店など各会社が存在します。また、建物と土地はセットなので、不動産業者も関わってきます。なかなか一筋縄では決まっていかず、混乱するものわかる気もします。だからでしょうか。家は3回建てないと満足したものにならない、とよく言われるのは。

「注文住宅」と「すでに建っている家」

注文住宅

 
住宅を手にいれるには、大きく分けて2つの考えがあります。
1つは自分の好みで家を建てる注文住宅、もう1つはすでに建っている家を買うという方法になります。注文住宅は自分の好きな土地に、自分の好きな形、好きな素材、好きな色など全て自分で選び家を建てる、世界にたったひとつのオリジナルの家を作れるコースになります。よくコンクリート打ちっ放しになっている家や、建築家が建てる家などがこちらの部類に入ります。全てオリジナルな分、少々金額も高くなってくる傾向がありますが、世界にひとつしかないオリジナルの家なので、満足度も高いのも特徴の一つです。ただ、注文住宅を専門にうたっている会社でも、ドアは「5種類から選べます」とか、設備機器類などは「この中から選んでください」と言われ、それ以外を希望しても通らない会社も中にはありますので、注意が必要かもしれません。

 
もう一つは、いや、それ以外は「すでに建っている家」を選ぶことになります。建売住宅や、分譲マンション、中古戸建住宅、中古マンションなどはこちらのすでに建っている家に含まれます。リフォーム済み物件などもその部類に入ります。シンプルに言えば、購入後そのまま住むことができる住宅になります。すでに完成しているため、金額面や間取りもはっきりと明示されている点や、即入居等が可能な点など購入にあたってわかりやすくなっております。デメリットしてはほとんどが同じ家に見え、イメージに近い家がなかなか見つからない、注文住宅だと金額的に合わない、土地がない等の理由が挙げられます。このようなネガティブな要素から「すでに建っている家」を選択する方もいらっしゃるかもしれません。

「中古購入+リノベーション」は注文住宅に振り分けられる

リノベーションと注文住宅

 
では「中古購入+リノベーション」はどの部類に入るのだろうか、という疑問が生まれます。中古購入+リノベーションという買い方はまず不動産を購入し、その後、壁や天井、床を解体し、構造部だけを残したスケルトン状態にしてから、内部空間を作っていくという工程を踏みます。不動産探しもあり、間取りや内装設計も考えなければならず、不動産探し期間、設計期間、工事期間も考えると時間も、手間もかかる住宅の購入の仕方になります。もうこの時点で、お気づきの方も多いかもしれませんが、これは「すでに建っている家 = 即入居可能」の部類ではなく、「注文住宅」と同じことを中古購入+リノベーションでは行っています。違う点とすると、構造を新しく作るか否か、またそれ以外にも、注文住宅は戸建てオンリーのイメージがあると思いますが、中古購入+リノベーションは中古戸建ても中古マンションでも選択できる点が大きく異なります。不動産を探す際に、戸建てを建てるための土地を探すよりも、中古戸建て、中古マンションから探すほうが圧倒的に数も多く、古くから建物のほうが好立地な場所に建っていることが多いので、利便性が高いところや、地盤も良いところへ家が持てる確率が高くなることもあります。

 
もちろん戸建てを注文住宅で建てるほうが、構造から作るので最も自由度が高くなります。しかし、中古購入+リノベーションは以前からの構造部の制限があるにせよ、間取りや、壁や天井、床などの内装部をお好みのデザインにし、世界にひとつしかないオリジナルの家を作ることができます。まさに注文住宅と呼んでもおかしくないのではないでしょうか。

自分に合った家を作る買い方へ

リノベーションと注文住宅

 
宣伝するわけではないですが、リノベ不動産|BeatHOUSEでは住みたい家をスケッチする講座も開催していますので、ご気軽にご相談やご連絡いただければ嬉しく思います。自分の好みで家を建てたいと考えた時、注文住宅の一つ、中古購入+リノベーションも選択肢のひとつとして視野に入ると感じていただけましたでしょうか。中古購入+リノベーションは案外、設計的な自由度も高く、利便性の高い好立地なところに住める、そんな理想の住まいを手に入れることができる可能性を秘めています。人生の三大支出といわれている住宅購入、最も高い買い物だからこそ、自分のライフスタイル、ライフプラン、趣味や家族構成などを考慮し、すでに建っている家に自分を合わせる買い方から、自分に合った家を作ってみる、そんな方向性も検討してみてはいかがでしょう。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー