みんな知りたい!『住宅購入のきっかけ』 上位10選! – 前編 –

[記事更新日]2017/07/10

住宅購入

こんにちは!
WAKUWAKUリノベーションマガジン編集部です!

本日は、いつかはマイホームを購入したい!
そう考えている方がどうしても気になる話題について迫りたいと思います!

『みんな、どんな理由で家買ったの??』

何なんでしょうね、コレ。
住宅購入特有の質問な気がしております。

非常に高額な買い物なので、他の人が家を買う事に踏み切った理由まで
気になってしまう。こんな商品も世の中には少ないのではないでしょうか??

そんな皆様の悩みにお応えして、調べてまとめてみましたのでご覧ください!

『住宅購入のきっかけ』 上位10選!

上位10

はじめに -今回の調査について-

  • 調査対象
  • 2014年2月~2016年2月の間に住宅購入した方
  • 首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住
  • 20歳~49歳 (平均年齢 35.2歳)600人
  1. 参考資料
  2. アットホーム株式会社/選んだ理由、迷った理由。~住宅購入のプロセス&マインド~

ではでは、さっそくご意見の多かった『お住まい探しのきっかけ』第10位は!?

【第10位】消費税増税時期が近づいてきたから!

消費税

なるほど!2014年2月から2年間の購入者アンケートだと、2014年4月に行われた『消費税増税』による“駆け込み需要”が10位にランクインするんですね!
2017年4月予定だった、消費税10%予定も少しは関係しているのでしょうか??

2014年の増税は、17年ぶりの税率引き上げでしたね。あれからまだ2年しか経ってないんだなぁと思うと同時に、3%から5%に引き上げの時8年、次は17年と時間をかけたにも関わらず、8%から10%の引き上げが元々3年計画って結構パワフルな進め方ですね!少しは延期はされましたが・・

不動産業界でも、2014年4月に向けての駆け込み需要は確かにありました!
価格が大きいので消費税が数パーセント変わるだけで、数十万円価格が変わってしまいますもんね。

でも、不動産業界の一部ではこんな事が起こっていました。

  1. 駆け込み需要により4月まで、建売住宅の販売戸数が伸びる
  2. これまた“先の需要”刈り取り&増税により、4月以降購入者が減る。
  3. 困った建売会社様が大幅値下げを余儀なくされる。
  4. 増税前より、このタイミングで買った方が『得』した!

住宅購入を検討している方々は、みんな勉強熱心なので
上記の流れがあった事もご存じですね。

なので、次回の消費税UPのタイミングでは、不動産の駆け込み需要はそんなに無いだろう見ている方が多いようです。

で買った方が得か、で買った方が得かは誰にも分らないからです。
ご自身のタイミングで、楽しいお住まい探し&マイホーム購入をされるのが1番だと思います。

続いて、第9位は!?

【第9位】購入できる年齢の限界が迫っていたから!

限られる

これもかなり納得ではあるのですが、個人的には意外な順位です!
もっとランキングが上だと思っておりました!

こちらは、ほとんどの方が『住宅ローン』を利用して購入するからですね!

金融機関によって多少の年齢差はございますが、住宅ローン完済の年齢は『70歳~80歳』です。35年の住宅ローンを組むなら、35歳~45歳から支払いをスタートしないと、住宅ローンの借入れ期間が短くなり、月々の支払額が上がってしまうという怖さがございます。皆様、本当によく勉強されています。

ちなみに、住宅ローンは“年齢”も重要な項目ですが、
ご自身の“健康状態”も大きく関わってきます。
意外と知られていない事ですが非常に重要なので
こちらのコラムも是非一緒に読んでみてください!

ところで、『健康』ですか?住宅ローン審査は風邪でもNG?!

続いて、第8位!!

【第8位】親と同居・近居をするため!

引っ越し

これも、よくある『お住まい探しのきっかけ』の1つですね。
実は、私もその一人!同じ横浜市内での引越しでしたが(笑)

アンケートの対照年齢が49歳までなので『子が親の近くに引っ越す』パターンしか含まれてないかもしれませんが、逆に『親が子の近くに引っ越す』パターンを含めると、ランキングでももっと上位に食い込む動機かもしれませんね。

親子で近くに住むことは、お互い支え合えますし、とってもメリットがあります。
特に『程よい距離感』『何かあったらすぐに駆けつけられる距離』の両立が可能な “近居”は人気が高い暮らし方の1つです。

ただ、個人的にはどうしても、1点注意していただきたい内容がございます。
それは家を買う事を親に伝えるけど、購入まで『相談しない』という事です。

意外でしょうか??
その理由はこちらのコラムをご覧ください!

父は1級建築士。私が、まったく相談せず住宅購入した訳

続きが気になる皆様、申し訳ございません。
どんどんランキングを発表していきたいところなのですが
ちょっと長くなってきてしまったので、
本日はここまでにいたします!

このペースでお話ししていくと、1位の発表上まであと2回は
かかってしまいそうですが、気長にお付き合いいただければと思います!

次回は【それ、1位だと思ってた!】意外なランキングとなっております!
お楽しみに!

『中古物件購入+リノベーションについてもっと詳しく知りたい!』
『お住まい探しの相談をしたい!』
と、思っていただいたら是非こちらからご連絡くださいませ!

<ご相談受付フォーム>

ここまでコラムを読んでいただいた皆様、
本当にありがとうございました!
でわでわ、またお会いしましょう!


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_中村

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

不動産業者が売主の場合の8つの規制

BeatHOUSEスタッフ_鈴木
8種規制/不動産に関わる法律/宅建・・・

BeatHOUSEスタッフ_鈴木

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産 BeatHOUSE

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー