アーバンアウトドア①〜都市ならでは!?アーバンアウトドア住宅という選択肢〜

[記事更新日]2017/06/27

もともと日本の家は、広い庭があって木が茂っていたり、縁側でひなたぼっこをしたりと、生活の中で自然を感じられる造りでした。しかし、住みやすさを追い求めるうちに壁や屋根は強固になり、だんだんと戸外との距離は遠くなっていったのです。

これは、アウトドアメーカーのsnow peakが監修した『自然にふれて取り戻す 人間の基本』(マガジンハウス)に書かれている一節です。

“もともとの日本の家”で生活した経験のある世代は着々と年老いていきます。そして、自然と離れた生活が普通の中で育っている子どもや育った人が着々と増えてきています。

人間も自然界の一部です。

気が滅入った時や何かに行き詰まった時、
「ちょっと外の空気を吸って来る」
というセリフを口にしたことはありませんか?

意固地になり過ぎている時、怒りが納まらない時、
「ちょっと頭冷やして来る」
と外へ行ったことはありませんか?
「外で頭冷やしてこい!」
と言ったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

何が言いたいかと申しますと、
このようなセリフが昔から伝わり続けているくらい、
色々上手く行かない時でも、自然の空気に触れて平常心に戻してもらうことで、人は生きていけるということです。
色々上手く行かない時、自然にまったく触れることができなければ人はどうなるのだろうか・・・と考えると、いかがでしょう。

アーバンアウトドア住宅とは

“アーバンアウトドア”という言葉。
目にすることも最近は珍しくなくなってきました。
アーバンアウトドアライフ、アーバンアウトドアファッション、アーバンアウトドアキャンプ・・・都市に住む人たちへ自然に接することの素晴らしさを伝えようと、色々なところで、都会と自然を結ぶようなイベントや商品が提案されています。

弊社では、“住宅”という形でアーバンアウトドアの提案を行っております。
アウトドアの要素を住環境に取り入れた住宅を“アーバンアウトドア住宅”と呼んでおり、この提案を形にするために弊社が一緒に取り組んだのが同じ想いを持ったsnow peakです。

アウトドアの要素を住環境に取り入れるというのは、広いお庭のあるお宅や、ゆったりとしたバルコニーがあるお宅なら比較的簡単なことです。
業者の手を借りずに実践している方たちも少なくはないでしょう。

実践どころか実現できそうもない住環境がとても多いのが都市部です。
庭がなかったり、洗濯物で埋まってしまう程度の広さのベランダだったり、室内の面積も広々としたところに住むにはコストがかかってしまいます。充分な陽当たりを確保するのでさえ難しい場合もよくあることです。
このような都市部での暮らしの窮屈さを、今まではただただ仕方がないと妥協するしかありませんでした。

アーバンアウトドア住宅は、その限られた条件の中でも自然とのつながりを感じられ、デジタル化されたような社会ではなく、自然界の一部としての人間らしさに還ることができる場所です。

単に物件という名の無機質な箱を提供するのではなく、お客様1人1人に合わせた物件を提供する“中古物件+リノベーション専門”の弊社と、良質でデザイン性にも優れたアウトドアアイテムを揃えているsnow peakがコラボしたことで、実現可能となりました。

すでにキャンプを楽しまれている方にとっては、その道具たちの収納に手を焼かれている方も多いのではないでしょうか。
アーバンアウトドアではそれらを仕舞い込んでしまうのではなく、普段の生活にも活用しようというのが1つの提案です。

「なんだ、そんなことか」
と小馬鹿にされていますか?

意外とこれが馬鹿にできないのですよ。

脳の勘違いする仕組みを利用する

例えば、
昔よく聞いていた音楽が流れて来るだけで、その頃の楽しいとか悲しい気持ちになる。
梅干しを食べているのを想像しただけで、唾液が出てくる。

このようなご経験はどなたにでもあるはずです。
他にも、
幼い頃にとても好きなキャラクターがいたのなら、大人になった今でもそのキャラクターを見ると心が癒される。
サッカーをずっと純粋に一生懸命練習していたのなら、サッカーに触れることでその気持ちに戻れる。
など、人によって思い起こされる感情や感覚があるかと思います。

この脳の仕組みを、アーバンアウトドアにも利用していこうということです。

キャンプに行った先の大自然の中で使っていた椅子やテーブルを、ご自宅でも使ってみる。お気に入りのものがあればそれをお使い頂くのが1番良いでしょう。
その椅子に腰掛けるだけで、開放的で優しい空気に包まれてキャンプをしている時の感覚が呼び覚まされます。
その感覚に浸りながら、キャンプで使ったカップで温かなコーヒーを飲むと、仕事の疲れがスル〜ッと抜けていくことでしょう。

お気に入りのアイテムをお探し中の方には、snow peakのものをやはり弊社は
オススメいたします!!笑

アウトドアだけでなく、インドアでもすんなり馴染むデザインに作られています。これは椅子やテーブルに限ったことではなく、調理器具やコップ等の小物類も日常使いしてもおかしくないどころか、普段のライフスタイルを豊かにしてくれるアイテム揃いです。(しかも永久保証付き!)

さいごに

百聞は一見に如かず、です。
お伝えして参りましたsnow peakの使いごことの良さは実際に見て触れて頂くことで一瞬にして感じて頂けることでしょう。

ぜひショールームでその感覚を味わってみてくださいませ。

次回は弊社がアーバンアウトドアを感じられる空間作りにどのような工夫をしているのかや、インドア派の方へもアーバンアウトドア住宅がオススメしたい理由をお伝えさせて頂きます。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_菅原

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_菅原

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー