物量に合わせた大容量収納を実現、将来を見据えた2LDKリノベ


POINT

今回ご紹介するUさんご夫婦は、先々を見据えたリノベーション。物件選びや間取りを3LDKから2LDKにした理由は、将来のご予定を踏まえたものでした。また、お二人の好みを反映したデザインや物量に合わせた間取りの考え方は、どこからリノベーションに着手すればいいのかわからない方に参考になります。Uさんご夫婦に物件の決め方からリノベーションでこだわった点についてお伺いしました。


【売却を見据えたエリア&物件選び】

Uさんご夫婦のエリア選びは将来の売却を踏まえ、自分たちと似た収入層・ライフスタイルが住む方が多いことが決め手となりました。エリアを選ぶ際には、自分たちの基準となるポイントを明確にしておくとスムーズにエリアを選定できます。また、間取りも売却を見据えて売れやすい間取りにしました。

【色選びで悩んだら、避けたい色から考えるのも◯】

室内の配色は、お持ちの家具に合わせつつ、以前の住まいで面倒だった掃除に手間取るという欠点をカバーする色を選ばれました。自分の好みの色から選ぶことが多いですが、もし色で困った場合は、Uさんご夫婦のように避けたい色から考えると決めやすくなります。

【天高まであるガラス戸でリビングとの一体感をキープ】

リビングはより広く見えるように、子ども部屋の引き戸を天井までの高さにして、ガラス戸にしました。閉めていても室内が見えるので、リビングとの一体感を保てます。

【物が多い方にオススメの壁面収納】

シュークローゼット、洗面室はワイドな壁面収納にしました。クローゼットやWIC以外にも収納が欲しい方には、壁を活かした収納がオススメです。

OUTLINE

コンセプト 売却を見据えたエリア&物件選び
物件種別 マンション建物面積 65.28m2
コンセプト 売却を見据えたエリア&物件選び
物件種別 マンション
建物面積 65.28m2

PLAN

BEFORE

AFTER

ご相談

不動産の購入や売却のこと、リフォーム・リノベーション、改築のこと、ローンのこと、不安解消!夢の実現!のためにお気軽にご相談下さい。

相談をする

資料請求

30秒で簡単入力。リノベーションのスタイルブックを無料でお届けします。

資料請求をする

PAGETOP