結局、やっぱりお金では幸福度は上がらなかった。長期的に一番価値を生み出すのは「人間関係の質」

[記事更新日]2017/06/29

人間関係、大事にしていますか

ウェブ上でありとあらゆるものが買える時代。画面の先にいる「誰か」の存在には気づきづらい。もはや、画面の向こうに自分と同じ「ひと」がいることすら忘れてしまいそうになる。そんな時代だからこそ、私たちの幸福度を本当に高めるのは、目の前にいる誰かとの信頼関係だったりします。今回は、幸福度と人間関係のお話です。

Multi-Ethnic Couple taking a Selfie together

アットホームな感じというか。何かを焼いたり煮たりしているときに漂う匂いをかいで食事を楽しみに待つのって、懐かしい感じがしますよね。死を前にした人はこういうことで日常を一瞬取り戻せたりします。最後の瞬間まで少しでも楽しく生きていくために、そういうものが糧になるんです。」(1)

こう話すのは、ドイツにある「ロイヒトフォイヤー」という、死を間際に控えた患者たちの痛みや、精神的または社会的苦しみを和らげるケア施設にて料理長を務めるループレヒト氏で、彼は施設に来たばかりの頃、一流レストランで身につけた最高級料理を振舞ってみましたが、患者の嬉しそうな反応はまったく得られなかったそうです。

Chef in hotel restaurant kitchen cooking, only hands.Preparing tomato soup↑一流レストランの最高級料理は死を間際に控えた患者にとって何の役にも立たなかった

どんな一流料理であっても、患者にとっては、昔食べたことがあり、愛着の感じられる家庭料理こそが最高の料理だと気づいた彼は、その後、それぞれの患者が持つ味の記憶に重なるまでリクエストされた料理を何度も作り直すようになりました。

日本を代表するコピーライターでウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を主催する糸井重里氏は著書「ほぼ日刊イトイ新聞の本」の中で、「これからは幸福感を選び合う時代」と考え、次のように述べています。(2)(3)

「人をうれしがらせるもの、ステキなものというのは、案外、シンプルで無邪気なものだ。複雑な工程を経てつくるものというよりは、そこらへんにゴロゴロ転がっているものだと思うのだ。たとえば、あなたに向かってちぎれるほどにシッポを降っている仔犬だ。食事中に笑いかけてくれる恋人の表情だ。寒い冬に飲む一杯の紅茶だ。」

I love mornings like this↑家族、ペット、そしてたった一杯の紅茶、身の回りにあるものが幸福感の原点

人が生きることに対して幸せを感じるのは、家族や恋人と過ごす時間や、家庭料理などの当たり前のように存在する何気ない日常の瞬間であり、死を目前に控えた人であれば、限りある命の時間の中で、なおさら温かい思い出を愛おしく感じるのだと思います。

だからこそ、愛情や愛着のあった思い出が感じられる家庭料理によって、患者は病人というよりも一人の命ある人間として、最後まで幸せに生きようとする尊厳を取り戻せるのかもしれません。

Homeless Man Being Handed Bowl Of Soup By Volunteer↑手の込んだ高級料理より、たとえシンプルでも家庭料理が一番

私たちを本当に幸福にするのは、富や名声ではない

京都大学で大学院医学研究科を修了後、精神科医や医学博士として活躍する岡田尊司氏は、著書「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」の中で、「人間が幸福に生きていくうえで、もっとも大切なものは安定した愛着である」との考えを示し、次のように述べています。(4)(5)

「安全基地とは、いざというとき頼ることができ、守ってもらえる居場所であり、そこを安心の拠り所、心の支えとすることのできる存在である。そして、外の世界を探索するためのベースキャンプでもある。」

岡田氏は愛着とはある特定の存在に対する特別な結びつきのことで、人格のもっとも土台の部分を形作っているとし、「安全基地」である愛着の存在があるかないかで人生における幸福の感じ方に大きな差が出ると考えていますが、同様にハーバード大学の心理学者であるロバート・ウォールディンガー氏も、様々な分野における最先端の人々が集まる世界的な講演会TEDで、「私たちを健康や幸福にしてくれるのは富、名声、仕事ではなく愛情ある人間関係に尽きる」という研究成果を発表しています

Two happy young female friends with coffee cups↑外の世界から帰ってきた時、安心の拠り所となる安全基地があるだけで人は幸せを感じられる

ロバート氏の研究は人間の幸福にとって本当に必要なものは何かを追求するために、75年間に渡って724人の男性の人生を10代の頃から老年まで追い、仕事、健康、そして家庭生活などを記録したものです。

研究対象の男性は当時ハーバード大学に在籍する学生達とボストンの極貧環境で育った少年達の2つのグループに分けて実施されましたが、金銭面や勉学に恵まれた環境があるかないかに関わらず、周囲と質の良い人間関係を構築できている人は、そうではない人に比べて健康的で長生きし、脳機能の働きも良いということがわかりました。

現在80代になった彼らの中で、何かあった時に本当に頼れる存在がいると感じている人は脳の記憶がはっきりしており、また、将来的にどの様な老年を迎えるかは当時の人間関係の満足度で予測できる事も判明し、50代で最も幸せな人間関係にいた人が、80才になっても一番健康で幸せに過ごしているのだそうです。

Portrait of an Alzheimer's Patient, Close-up↑人間関係という人生の質を見失うと、本当に取り返しがつかない

ところが、ロバート氏が1980年代から2000年代に生まれた人達に人生における最も大切な目的を訊ねたところ、彼らの80パーセント以上が富を得ることだと答え、そのうち若い年代の50パーセント以上が有名になることを挙げました。もはや彼らにとって、幸せへの階段は富と名誉を求めること以外には成し得ず、彼らからは愛着の大切さを一切感じられません。

前出の岡田氏によると、本来であれば人間の根幹であるはずの愛着が今日の社会からは切り離されてしまい、愛着は「古臭く本能的で原始的な仕組み」と考えられ、「近代的で効率的な仕組み」に取って変えられるべきものとしてみなされているそうですが、岡田氏はそんな社会では、子どもから大人までが現代を象徴するうつ病や不安障害といった精神的トラブルを発症しており、生きていくのに困難を抱えていると危惧しています。(6)

Rush hour↑古臭く、本能的で、原始的な愛着が欠けた社会は生きにくい

愛着にあるものに触れること

医師で日本笑い学会の副会長である昇幹夫氏は著書「泣いて生まれて笑って死のう」の中で「手塩にかけて育てるという言葉があるように、手間暇かけて育てるから余計にかわいいのに、食も育児も面倒なことはイヤという若い母親が増えました」と述べています。こうした傾向の中、ジャンクフードに浸かった子どもたちの食環境に懸念が示されています。(7)

昇氏は「食はいのちのもとである」と述べていますが、家族の形は核家族化が当たり前となり、また会社や社会という共同体よりも、個人のライフスタイルに焦点があたる今日では、好き嫌いはするなと躾けられな昇氏は「食はいのちのもとである」と述べていますが、家族の形は核家族化が当たり前となり、また会社や社会という共同体よりも、個人のライフスタイルに焦点があたる今日では、好き嫌いはするなと躾けられながらも、誰かが手作りしてくれたご飯を食べていた昔に比べ、愛情の感じられるものに触れる機会は減っているのではないでしょうか。(8)

Night scene in the streets of Shibuya↑ジャンクフードばかり食べていると、愛着障害を引き起こす

前出の岡田氏によると、愛着が欠けた人は些細なストレスに対してもネガティブな反応を起こしやすいため、被害的な認知や自分が周囲から操作されているような病的な意識に陥る危険性が高くなり、また神経過敏で自律神経系のトラブルにも見舞われやすいそうで、そんな愛着が欠けた人と同じような症状を起こすのが死を目前に控えた人達です。

緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士である佐藤由美子氏は、アメリカのケア施設で10年間、音楽療法を実践し、多くの患者の最期の時を見てきましたが、自身の著書「ラストソング 人生の最期に聴く音楽」の中で一人のアルツハイマーの患者ついて述べています。

その患者は、記憶障害が進行するにつれて本来の人格を失い、自分の娘や自分自身について認識できず、簡単な言葉でさえ発することができなくなったにも関わらず、昔好きだった音楽を聴くだけで本来の人懐っこい姿を取り戻し、最後は歌を楽しそうに口ずさみ満足気に微笑んだ後、命を引き取とりました。

Man Pretends to Play Guitar Listening to Music↑愛着あるものに触れると、記憶を失った人でさえ本来の自分に戻れる

「印象が強烈なもの」「重要だと認識したもの」「反復性のあるもの」といった記憶は、ただ単に英単語を暗記した記憶とは違い、思い出と結びついた長期記憶として脳内にインプットされたものだという考えを示しているのは、脳研究の第一人者で自然科学研究気候生理学研究所の柿木隆介氏です。

柿木氏によると、例えば文字がなかった頃の中国では、記憶を引き出しやすくするために、口述で覚える際には強力なお香を炊き、その香りがすると人は記憶と香りを結びけ、脳に眠る記憶を蘇らせていたそうです。

昔、好んで何度も口ずさんでいた音楽も、愛着ある思い出とともに気づかぬうちに患者の記憶に留まり、音楽を耳にするだけで患者は本来の自分を取り戻すことができ、満たされた気持ちで最後まで生きることができたのでしょう。(9)

healing ceremony: burning incense in a shell↑「印象が強烈なもの」は脳内の長期記憶にマッチする

「気がつけばぼくらのまわりは、人がほとんど介在せずに商品・サービスが提供され、それを受け取る機会に満ちあふれていっている。それは感謝の気持ちを失わせ、商品・サービスの向こうにあるはずの人の存在が想像できず、誰に感謝したらいいかすら分からなくなってしまう」と語り、今日の愛着が欠如した社会の在り方に疑問を投げかけているのが、西国分寺でクルミドコーヒーというカフェを運営している影山知明氏です。(10)

Quick check-in at airport↑商品やサービスの向こうにあるはずの人の存在が感じられず、誰に感謝して良いかわからない

東京大学法学部を卒業後、マッキンゼー&カンパニーに勤めていた影山氏は、ベンチャーキャピタルやコンサルティング業に携わった経験の中で、効率重視の社会の中でも、最終的に人は人の存在が感じられる愛着のあるものを求めるのだと考えるようになりました。

そんな影山氏が運営しているクルミドコーヒーには「喫茶店であるとともに、まちのお座敷である、出会いの場であり、別れの場でもある・・・ここをきっかけに何かが生まれるような、このお店がなくなるとなったときに多くの人がそのことを惜しんでくれるようなお店にしたい」という願いが込められているそうです

Young people having a business meeting at the coffee bar↑喫茶店を、人々にとって何かが生まれるきっかけになる場所へ

影山氏は、クルミドコーヒーで出す料理やサービスにおいて、必ず「この人がいたから」という固有の人の存在が浮かぶようにしたいと考えるようになり、次のように述べています。(11)

「コンビニのお弁当がおいしくないのは、味が悪いからでも、使っている食材の産地のせいでもなくて、きっとそれはそこに作り手の存在が感じられないからだ。反対に、娘のにぎったおにぎりだったら、それがどんなに不恰好だったとしてもきっと間違いなくおいしい。」

Food↑どんなに下手くそでも娘が一生懸命にぎったおにぎりは美味しい

クルミドコーヒーで出されるクルミは、長野県東御市の農協から直接仕入れており、農家の人との「小さなころは秋になると学校の行きかえり、落ちたクルミを拾ってよく食べたもんさ」と笑うたわいもない会話など、一つ一つのクルミ収穫は喜びに包まれているそうで、影山氏は著書「ゆっくり、いそげ~カフェからはじめる人を手段化しない経済」の中で次のように述べています。(12)(13)

「守り、育てるべきは、ぼくらの暮らしであり幸福感。そして経済は本来、そのためにあるのではないかと。」

coffee time↑幸福度を考慮したライフスタイルはゆっくり、急ぐのが基本

孤独が人の健康を害している

日本の住宅では防犯対策から家に表札を掲げない人が増えていますが、オーストラリアでは「家そのもの」に名前をつけ、住人の名前ではなく家の名前を表札として掲げる習慣があります。

家の名前には住人がどのような人生を送りたいかという思いが込められており、家に名前をつける行為は本当の意味で自分の居場所をつくる方法で、家そのものが住人の人生を表すものだと考えられているのです。

オーストラリア人の心理学者、メレディス・フラー氏は「本来、家とは私たち家族の分身みたいなもの」との考えを示し、自身の家に「Epicentre(中心点)」という名前をつけており、家に名前をつけるのは、家をどう見せたいかという気持ちだけではなく、たとえば安心や原点といった、私たちにとって最も価値のあるものへの想いを表現する行為だと述べています

そんなオーストラリアは、英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが世界140都市を対象として調査を行った「世界で最も住みやすい都市」のランキングで2016年度の上位10都市の中に、パース、アデレード、そしてメルボルンの3都市が見事ランクインし、そのうちメルボルンは6年連続1位に選ばれるなど、その住みやすさは世界1位の記録を誇り続けている程です。

Surfer's house at Bondi Beach with postbox↑家は「箱」ではなくて、自分の分身

世界的に住まい情報のプラットフォームを提供しているHouzzの日本法人HouzzJapanが、世界14カ国の約23万人の会員に対し、2015年度における住宅に関する活動内容を調査したところ、「住宅の改築や模様替え、または修復を実施した」と答えた割合がオーストラリアでは56パーセントと日本の4倍もあり、また、オーストラリア国内では一般公募で選ばれた人々が住宅のリフォームの腕を競う番組「The Block」が高い人気を誇っています。

オーストラリアが世界第1位の住みやすい都市として賞賛されるのは、自分で作ったものではない新築の家ではなく、自分の人生に合わせて自分で家を手作りし手間ひまをかけるからこそ、人々は精神的に豊かになり、その姿が世界の人々の眼に幸福として映るからなのではないでしょうか。

Childhood friends hammering and working to build their treehouse↑ライフスタイルの基盤を作る喜びは、実際にやってみないと分からない

人間が携わっていた仕事を機械やシステムに代替えすることで利便性を追求する姿勢は、あたかも「人の手がかかるとコストが発生する」といった、人の存在が物であるお金に換算されるような価値観を生み出しますが、コスト重視の環境下で、社会や人とのつながりを感じられない孤独は健康に害を及ぼすものでしかありません。

シカゴ大学の心理学者ジョン・カシオポ博士をメンバーの一員とする研究チームは、孤独が人間の体の細胞に変化を起こし、ウィルス感染への抵抗力を弱めるという研究結果を発表しています。この研究によると、社会から孤立している高齢者は、そうではない高齢者に比べて寿命が短くなるリスクが14パーセントも多いそうで、人の愛情や愛着を感じることができる生活は、心身ともに健康であるために不可欠な要素なのだと理解することができるのではないでしょうか。

Intensive care↑孤独感は人間の体の細胞に変化を起こし、ウィルス感染への抵抗力を弱める

現代人は電話やコンピュータ上で絶えずコミュニケーションをとっていますが、コミュニケーションの量に比例する程つながってはおらず、「The People Walker」という一緒に歩きながら話すだけというビジネスを展開して、現在注目を集めているチャック・マッカーシー氏は、日々いろんな人と一緒に歩いて話をすることで、「一緒に歩く」「一緒に話す」という人間同士の交流が今の社会に生きる人々に欠けている大切な要素なのだと気づき、次のように述べています

「一緒に歩きながら交わされる会話のほとんどが表面的なもの、いわゆる世間話。しかし、たとえ感情をむき出しにし、本音を話さなくても、そこにはある種のセラピーのような効果があると感じる。」

Business gossip↑もの凄く忙しい人ほど、くだらない世間話の効果は強い

効率的でスピーディーな社会になればなるほど、人を介さなくとも便利なサービスを受けることが可能になり、人は自分の仕事や趣味に費やす時間を増やすことができます。しかし、人件費として人をコスト換算し、人と直接触れ会う機会が減ってゆく社会は、人々に精神的孤独な生活を強いることになるのではないでしょうか。

それは日常生活の中で人が何気ない瞬間に愛着や愛情を感じる機会を奪い、また自分自身も人に愛情を与えることが少なくなってしまうでしょう。人の存在が感じられない愛着の欠けた人生とは、便利で効率的で自分が一番得をするという社会システムから生まれる物で、それはつまり、自分以外の誰かの存在を意識することなく、人が貧しい人生を送るということにつながるのかもしれません。

  1. 1.デルテ・シッパー「人生最後の食卓」(2011年、株式会社トランネット)P23
  2. 2.岡田尊司「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」(2011年、株式会社光文社)kindle
  3. 3.糸井重里「ほぼ日刊イトイ新聞の本」(2004年、株式会社講談社)P348
  4. 4.糸井重里「ほぼ日刊イトイ新聞の本」(2004年、株式会社講談社)P350
  5. 5.岡田尊司「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」(2011年、株式会社光文社)kindle
  6. 6.岡田尊司「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」(2011年、株式会社光文社)kindle
  7. 7.昇幹夫「泣いて生まれて笑って死のう」(平成21年、株式会社春陽堂書店)P38-41
  8. 8.昇幹夫「泣いて生まれて笑って死のう」(平成21年、株式会社春陽堂書店)P41
  9. 9.佐藤由美子「ラストソング 人生の最期に聴く音楽」(2015年、株式会社ポプラ社)
  10. 10.影山知明「ゆっくり、いそげ〜カフェからはじめる人を手段化しない経済」(2015年、大和書房)P127
  11. 11.影山知明「ゆっくり、いそげ〜カフェからはじめる人を手段化しない経済」(2015年、大和書房)P159
  12. 12.影山知明「ゆっくり、いそげ〜カフェからはじめる人を手段化しない経済」(2015年、大和書房)P25
  13. 13.影山知明「ゆっくり、いそげ〜カフェからはじめる人を手段化しない経済」(2015年、大和書房)P25-26

この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_中田

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー