リノベ先輩の本音#4 Dさんの場合

[記事更新日]2017/04/02

こんにちは、こんばんは。

リノベーションを実際に行われた方の”生”の声をお届けしているシリーズ『リノべ先輩の本音』。
ついに、4人目の『本音』をご紹介するまでになりました。

リノベーションを実際に体験したからこそ、話せることがあるはず。そんな、

「リノベーションした家に住んでみて実際どうなの?」
「どこが大変だった?」

を聞いて回ります。第4回は、Dさんです。

すてきなお部屋へいざ潜入!

Dさんの場合

山口
Dさん、お久しぶりです。今回は、リノべを前にして悩める後輩たちに、「リノべ先輩」として、実体験に基づいた貴重なお話を伺うことができればと思います。
奥さん
はい。
山口
お引渡しさせていただいてから、半年ですね。実際に住まわれ始めていかがですか?
奥さん
本当に自分たちの満足した空間なので、出来るだけ綺麗につかってます。引渡し当日、加納さんがこれなかったのに、ダイニングにプレゼント隠して置いておいてくれて!も~すごくうれしかった。山さんからもらったプレゼントも、ほら!ここに飾ってます!
山口
わー!うれしい!ありがとうございます。
旦那さん
もともと別のエリア(大井町エリア)でも探していたのですが、ここは仕事の帰り道の夜景もキレイで気に入ってます。何より、街のブランド力を上回る空間になって満足です。うちは、本当にコストパフォーマンスが高いんですよ!全部をリノベーションしたわけではなく、居室はそのまま残したのですが、これだけの満足度で、賃貸で住んでいたときの月々の賃料より出費が抑えられたし。
奥さん
こんな物件、普通にさがしたらないです!そう考えると、家賃高かったなって。
山口
リノベーションの打ち合わせの際に想定されていたことと、実際に暮らしはじめてから使い方が変わってきた部分とかはありますか?
奥さん
夫が家で仕事をすることがあるので、寝室のほかに、夫用に書斎も残したのに、結局、居心地がいいのか、リビングにいることが多いですね。
旦那さん
そうですね。確かに、ここで(リビングの造作カウンター)ちょっと仕事してることが多いですね。書斎はもはや、物置化してますね!(笑)
奥さん
もうほぼ書斎として使ってないから、取り上げちゃおうとおもって!
旦那さん
….。(笑)
山口
お二人にとって、一番お気に入りの場所ってありますか?
奥さん
やっぱりLDKですね!一緒にコーディネートしていただいたこのソファーで、海外ドラマを見たりしてる時間が多いです。

お気に入りのLDK

旦那さん
この造作のカウンターと、そしてスノーピークのダイニングセットも。ここのWIC裏のスペースは、二人とも本当に気に入ってます。WICの中はお見せできませんが。(笑)
山口
WICは使い勝手が悪かったでしょうか?
奥さん
いえいえそんなことないんです!そっちはお片付けが間に合いませんでした。(笑)うちは、ここ(WIC)がないと無理です。既存利用した寝室からリビングまでのウォークスルークローゼットにしてもらって、すごく使いやすいです。お化粧もここでしてたりします。

造作カウンター

山口
衣食住の“住”以外でなにか変わったことはありますか?
奥さん
もともと食器が好きで、少し飾りながら、以前と変わらず楽しめています。あ、でもここら辺おいしいお店が多いんです!この(インタビュー)後、一緒にいきましょうね♪
旦那さん
あとは、リビングダイニングにオープン棚も多く作ってもらったので、友人や知人からいただいた海外のお土産や夫の趣味のものも、お客様にも見ていただける感じで飾れているのがいいですね。
山口
BeatHOUSEをえらんでくださったきっかけを改めて伺ってもいいですか?
奥さん
自分たちが賃貸で住んでいたマンションで、BeatHOUSEのオープンルーム(スノーピーク社とのコラボ物件アーバンアウトドアスタイル)があったんです。実際に物件をみて、自分たちがリノベーションして暮らすイメージができたことから物件さがしが始まった感じです。その時ちょうど、住んでいた賃貸の2年更新が近づいていて、絶対に更新したくなくて、リノベーションの工事含めてスケジュールはかなり無理してもらいましたよね。(笑)

スノーピーク社とのコラボ物件アーバンアウトドアスタイル

山口
いえいえ!そんなことないです。その当時ご自宅が近かったことあり、蜜にお打ち合わせができたのがとても助かりました!今回のリノベーションで、キーパーソンっていましたか?
奥さん
それはもーKさん(弊社施工担当)でしょ!ショールームで打ち合わせするとき、他のお客さんや、面接の人がたくさん出入りしていて、深刻な感じでお話をしている中、いつも楽しく笑いの多い打ち合わせだったので楽しかったです。私たちのわがままもたくさん聞いてくれて。ショールームで打ち合わせする度に思ってたんですが、BeatHOUSEって、かわいい子が多くないですか?
山口
いろいろ見てくださっているんですね!(笑)
奥さん
見てますよ~。自分がリノベーションした後は、その後も御社のHPみては、どんな物件つくってるんだろうと思って、以前以上にみてます。でも、うちを超える物件はまだないですね~。超えてください!笑
山口
ありがとうございます!お引渡し後も、こうやって気にかけていただけることが嬉しいです。これからもよろしくお願いします!

今回のポイント


・賃貸に住んでいたときの賃料よりも、リノべ物件の月々払いを抑えることができるかも
・実際のリノべ物件を見学してから、デザインの打ち合わせに臨むとスムーズ

それでは、次回もお楽しみに。


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_菅原

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_木村

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー