【マイ場】Vol.3-1:“野外生活”の面白さが“音楽”を追い抜いた –My Urban Outdoor Field–

[記事更新日]2017/03/24

myurbanoutdoorfield_vol3_p1_1

My UrbanOutdoor Field、略して“マイ場” VOL3 その1

こんにちは!リノベ不動産スタッフです。お待たせいたしました。スノーピーク店長にアーバンアウトドアフィールドを「もし自分が住むなら・・・」と自分の私物を交えて妄想してもらう“My Urban Outdoor Field(=マイ場)vol.3”がスタートいたします。ゲストは、スノーピーク二子玉川店長の奥山 勇太(おくやま ゆうた)さん。スノーピーク随一のコーヒーマニアとして有名な奥山さん。コーヒーのみならず多方面に造詣の深い方。どうやってアウトドアに出会ったのか興味深々でいろいろとお伺いしてしまいました。今回は「Part.1:“野外生活”の面白さが“音楽”を追い抜いた」です。

“野外生活”の面白さが“音楽”を追い抜いた

リノベ不動産_菅原
スノーピークの中でも、コーヒーと言ったら奥山店長といった感じなんですか?

奥山さん
まあ、イベントとかで必ずやってるのは僕で。社内に好きな人はいっぱいいるのですが、至るところでコーヒーを淹れてるので認知はされてるのかもしれません(笑)Snow Peak Wayとかで淹れたりもしているので。

リノベ不動産_菅原
奥山店長はDJもするなど多趣味の匂いがします。趣味遍歴をお伺いしてもいいですか?

奥山さん
やっぱり音楽が大きいですね。小学校の吹奏楽でパーカッションを4年間やって、音楽が好きになったんです。もともと、父がギター弾いてたりブルースが好きで・・・

リノベ不動産_菅原
カッコイイ!ブルース好きのお父さんっていいなぁ。

奥山さん
笑)そういう環境だったので、自然の流れで小学6年の時にベースを初めて買ったんですよ。それが割と僕の音楽人生のスタートで。でもバンドやりたいって小学生は周りに誰一人いなかったですね

myurbanoutdoorfield_vol3_p1_2

奥山さん
中学の時にレッチリ(RED HOT CHILI PEPPERS)からヒップホップとかファンクを好きになって・・・繰り返しの美学といいますか。中学からバンドをやってました。学校が音楽の授業がない学校で。周りに音楽をやってる友達がいなくて。ライブハウスで外の友達とばっかりやってて。

リノベ不動産_菅原
どうしよう。アウトドアのアの字も出てこない(笑)

奥山さん
大学入ってからでます(笑)僕、子供の頃キャンプ行ったことないんです

リノベ不動産_菅原
ブルース好きのお父さんだからインドア派なんだ(笑)

奥山さん
笑)せいぜいバーベキューくらいでしたね。で、大学は工業デザインの専攻で。音楽の話とかコアな話ができる友達が増えて。で、レコード研究会というサークルでDJを始めるんですが、そうするとイベントをやらなくちゃいけない。クラブとか。で、ここでようやくアウトドアが出ます(笑)この頃ってレイヴとか野外フェスのはしりの時期で。それに行こうって。

リノベ不動産_菅原
そうか。そうすると必然的に・・・

奥山さん
必然的に野外生活が必要なので、テントやら寝袋やらが必要になってくるわけです。で、行ったら「なんだこれは」と・・・今でもその朝やけを覚えてます。ジッパーあけたらすぐ太陽って、そういうダイレクトな自然と自分の距離の親和性というか。気持ちよくなっちゃったんですよね。 「これはすごい体験したぞ」って。それで、キャンプを始めたんですよ。

リノベ不動産_菅原
なるほど。

奥山さん
でもその比重が。とはいえ音楽が9割で“ついで”がキャンプだったんですが・・・

リノベ不動産_菅原
追い抜いちゃったんですね(笑)どれくらいで追い抜いちゃったんですか?

奥山さん
追い抜いたのは、えーと、大学3年くらいです。最初の頃は比重こそあれど、音楽と野外生活は切り離せない存在だったんだけど・・・いつからかな「音楽なしでもいいかも。キャンプだけで十分楽しめるかも」ってキャンプと音楽を別で考えるようになってきました。いです。

myurbanoutdoorfield_vol3_p1_3

奥山さん
キャンプだけって考えた時に、言ってしまえば“移動式の別荘”なので、どこにでも行けちゃうんですよね。そういう自由度の高さとか、自然との調和とか。切り離して考えた時に、強く関心をひかれていってしまい・・・

リノベ不動産_菅原
・・・そして今に至ると。

奥山さん
そういう訳ですね(笑)ずいぶん長くなってしまいましたけど(笑)

リノベ不動産_菅原
今までお話をお伺いした店長さんとはアウトドアの入口が違いますね。

奥山さん
そうですね。釣りとか登山が楽しいからアウトドアをやるというよりは、自分の生活を形づくってるのがアウトドアってだけで。ライフスタイルや物事を選ぶ判断基準がキャンプをすることで変わるんですよね。それが面白くて。

リノベ不動産_菅原
なるほど。では、どのようなものがアーバンアウトドアとしていいなって思えますか?

奥山さん
アウトドアって自分で責任を取るのが基本なんですよ。“酷な環境でも、自分でなんとかする”っていうのが、僕はアウトドアの楽しみだと思うので。

リノベ不動産_菅原
自然のなかでどう自分が立ち振る舞うか。

奥山さん
そうですね。どう対処するか。そこが楽しい部分なので・・・なるたけ居住空間にもそれを組み込みたいというか(笑)

リノベ不動産_菅原
ええっ?(笑)

myurbanoutdoorfield_vol3_p1_4

奥山さん
たとえば、「水はけがいいから」って外壁をサイディングにするんじゃなくて、自分の生き様を映したいので(笑)

リノベ不動産_菅原
杉板貼って、とか。

奥山さん
そう。杉板貼って雨ざらしになって黒くなるのを楽しむとか。悪くなったら補修できるとか。・・・住宅も“生きているもの”だと思うので、しっかり変化を楽しめる素材選びと、あとは多少の不便さがあっても楽しめる空間というか。ここの庭だって、タイル張りにしちゃうのは簡単ですけど、それをあえてこの状態で自然との調和を図るとか。そういうものに惹かれます。

リノベ不動産_菅原
笑)たしかに、ここは“誰かと分かち合う”という空間ではないかもしれません。

奥山さん
最高の自分の空間を演出して、人を招きたい。“もてなすためだけの場所”というか。

リノベ不動産_菅原
別庵ですね(笑)もちろん、おもてなしはコーヒーで?

奥山さん
そうですね。あ、淹れましょうか。すぐ近くにすごく美味しい「オニバスコーヒー」があって。そこから豆を買ってきました。

リノベ不動産_菅原
嬉しい!ありがとうございます! 

myurbanoutdoorfield_vol3_p1_5

リノベ不動産_菅原
そういえば、いちばん最初に買ったスノーピーク製品って何ですか?

奥山さん
焚火台ですね。焚火台は初めての初任給で買いました。スノーピークの象徴みたいなものですよね。

リノベ不動産_菅原
どちらかというと「キャンプでもギアが好きかも」ってお話されてたじゃないですか。どこに惹かれるんですか?やはり工業デザインというところですか?

奥山さん
それはすごくあります。スノーピークに入ったきっかけもそれですし。数あるアウトドアブランドの中でもデザインがずば抜けていいなと思ったし、工業デザインという視点でもワンアクションテーブルのギミックとか。

リノベ不動産_菅原
あれはギミック好きにはたまらないですよね(笑)

奥山さん
こういうバーナー(ヤエンストーブ ナギ)も、組み立てるまでのアクションまで楽しめて。

リノベ不動産_菅原
その“楽しさ”まで、開発の皆さんは考えているんですか?

奥山さん
おそらくそういうのも加味したうえで、デザインしていると思います。このバーナーとシェルフコンテナってデザイナーが同じなんですよ。長妻っていうんですけど。新商品のラックソットもですけど、彼は本当にメカニカルなもの、“超合金のロボット”みたいなのが大好きなんです(笑)

リノベ不動産_菅原
変形する楽しさってありますよね(笑)

奥山さん
お彼の特徴がよく出てますよね。デザイナーが社内に5~6人いるんですけど、それぞれみんな趣向がでるんです。

myurbanoutdoorfield_vol3_p1_6

奥山さん
今日のコーヒーはケニアなんですけど、あんまり焙煎度が高くないので薄いんですよね。風味が鮮やかで美味しいけど少し淹れ方が難しくて。浅煎りは対流できないので混ぜてあげないといけないんです。

リノベ不動産_菅原
色もすごく綺麗・・・赤いくらい。

奥山さん
賛否両論なんですよ。人によっては「薄くてこんなのコーヒーじゃない」っていう人もいますけど。少し前からアメリカではエスプレッソとハンドドリップは別物と言われ始めてて。エスプレッソは濃縮された苦いもので、ハンドドリップはどちらかというと浅煎りで、わりと紅茶に近い酸味が楽しめるのが最近の流れですね。

リノベ不動産_菅原
いつも飲んでるコーヒーと全然違う。香りも違えば、色がコーヒーっていうよりもう・・

奥山さん
ティーみたいですよね。

リノベ不動産_菅原
面白い!これも含めてエンターテイメントとして成立しますね。おもてなしとして。

奥山さん
ありがとうございます。で、室内のレイアウトなんですがキッチンをやりたいです!今日は器具一種類しかないけど、いくつか持ってるので、並べて理科の実験室みたいにして。豆も産地別で並べたりとか。

リノベ不動産_菅原
じゃあ、次回、“俺のカフェ”・・・カフェじゃないな、専門店?もう少し固い感じですよね。

奥山さん
そうですね。実験室みたいな感じですね。このコーヒーならこの器具を使ってとか・・・割と無機質な感じなので、実験室とかラボとか、そんなイメージ。

リノベ不動産_菅原
コーヒーラボ!いいですね。では次回はラボということで。よろしくお願いいたします!

奥山さん
白衣とか着ましょうか?(笑)

リノベ不動産_菅原
セルフブランディングの範囲でお願いします(笑)

奥山さん
白衣とか着ましょうか?(笑)

リノベ不動産_菅原
セルフブランディングの範囲でお願いします(笑)

======次回、part.2に続きます======
myurbanoutdoorfield_vol3_p1_7


この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。弊社は、当記事の情報(個人の感想等を含む)と、この情報を用いて行う利用者の判断について、一切の責任を負うものではございません。

関連記事

BeatHOUSEスタッフ_菅原

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

BeatHOUSEスタッフ_木村

リノベ不動産|BeatHOUSEスタッフ

CATEGORY

  • リノベーション事例
  • リノベーションの知識
  • 不動産の知識
  • ライフスタイル
  • インタビュー