モデルはオーストラリアのカフェ!コストバランスとデザインにこだわったゆったり1LDK


POINT

実在するカフェをリノベーションで再現しました。デザインにこだわりつつ、予算内に収める工夫もたくさん詰まった家づくりです。加えて、スペースを有効活用した空間づくりは参考になること間違いなし。

【将来性と暮らしやすさを重視した物件選び】

こちらのご夫婦は、将来売却することも踏まえて立地を重視。売却を考えている方は、土地の変動率や物件の資産価値などを担当者に調べてもらうのがオススメです。加えて、周辺環境や物件内に住む方の印象も重視すると、納得した物件選びができます。

【オーストラリアのカフェを忠実に再現】

LDKには仕切りは一切なし。全てが一体化した空間です。モデルにしたオーストラリアのカフェを再現するために細部までこだわったお部屋。壁は白で統一していますが、構造に合わせて梁から上は躯体塗装、梁から下はクロスを施しています。床はオーク材の無垢フローリングを白く塗装。白味がかった床はどこか柔らかい表情で、空間に溶け込んでいますね。タイル壁とドアは淡いグリーン系で統一して、空間のアクセントになっています。

【素材・色合いにこだわり抜いたキッチン】

もとはL字型キッチンでしたが、火まわりを壁付にして水回りと並行に設置。奥にパントリーを造りました。水まわりと火まわりを並行にしたことにより、前後の動きで作業できるので効率が上がります。対面式キッチンはゆったりLDKに欠かせない設備。全体を見渡せる空間はそれだけで開放的になります。
造作棚は壁はオープン収納、キャビネットはクローズ収納ですっきりと品のある仕上がりに。冷蔵庫はパントリーに置いて見えないので、生活感を感じさせません。お施主様渾身のタイル壁がキッチンに爽やかさを加えています。

【小上がりでキレイに収めた寝室】

小上がりの下には大きな引き出しを2つ作って収納を確保。室内には造作棚があるので、スマホや時計、雑誌など細々した物を置ける仕様です。

【スペースを無駄なく使ってワークスペースに】

リビングと寝室の壁には造作デスクでワークスペースを造りました。デスクがなければ普通の壁ですが、このようにデスクを設けるだけでスペースの有効活用ができます。近年、ワークスペースをリビングの一部に造る傾向があります。同じ空間内に違うことができるスペースがあると、自分の中のスイッチが入りやすく集中できますね。それぞれ違うことをしながらも同じ時間を過ごすことができ、つながりを感じられます。

【ホールのような土間で清潔感ある美しい玄関に】

ゆったりした広さは土間というより、もはやホール。白を基調にした玄関は開放的かつ品格漂う空間ですね。靴収納はフローティングタイプ。浮いて見えるデザインが空間全体をよりすっきりと見せています。玄関は自分好みにアレンジを効かせられるスペース。セレクトショップのような靴収納を造る人も入れば、このようにモデルルームのような高級感ある空間など、希望に合わせて変えられます。玄関もリノベーションでいろいろなバリエーションを楽しめる場所です。

【クロス・床で生まれ変わった洗面室&トイレ】

洗面室はメイクコーナーも兼ねています。寝室を必要な広さのみに狭めた分、洗面室で身支度を完結できるようにメイクアイテムを置いて座れる仕様にしました。カフェの内装を取り入れて、クロスもLDKのテイストを引き継いでいます。洗面カウンターもメラミン化粧板で大理石風に。まるでホテルのパウダールームみたいですね。

OUTLINE

コンセプト オーストラリアのカフェ
物件種別 マンション建物面積 55.29m2
コンセプト オーストラリアのカフェ
物件種別 マンション
建物面積 55.29m2

PLAN

BEFORE

AFTER

MESSAGE

コーディネーターの想い・コメント

担当者鶴内 吾央

海外にあるカフェの雰囲気が好きなお二人でしたので、リフォーム済みの物件に、さらにLDKをメインとしたリノベーションを行いました。
ご売却も視野に入れていらっしゃったため、立地も重視したご提案をさせていただきました。

デザイナーの想い・コメント

担当者矢野 絵美

住まいの充実がますます求められる時代、上質なカフェ体験を自宅で楽しめたら…。
ご自身でも色々とお調べになっていて、お二人の理想とするカフェのイメージをしっかりとお持ちでした。
私はそのお客様の理想のイメージと住まいとしての機能を最適に融合させて、お客様の想像を超える空間を目指す事に注力しました。
お引き渡しの時に、担当者全員にメッセージをくださり、『いつも寄り添って、私達のイメージの実現に向けて支えてくれてありがとうございます』とお言葉をいただき、お客様と一緒に、想像を超えるお住まいづくりができたことに感謝しています。

プロデューサーの想い・コメント

担当者川井 亮介

カフェのようなお住まいをつくり上げる上で、特にキッチンにはこだわって仕上げました。
キッチンのカウンターをメラミンで作る仕様があり、建具屋さんと現場でも打ち合わせを行いながらどのように作るか相談したり、ひとつひとつ丁寧に形にすることを心がけていました。
お引渡しの際、お客様にとても喜んでいただけたので嬉しかったです。

ご相談

不動産の購入や売却のこと、リフォーム・リノベーション、改築のこと、ローンのこと、不安解消!夢の実現!のためにお気軽にご相談下さい。

相談をする

資料請求

30秒で簡単入力。リノベーションのスタイルブックを無料でお届けします。

資料請求をする

PAGETOP