奥行きを感じさせるモノトーン調の空間


POINT

全体的にチャコールグレーとグレージュのコントラストを利かせ、統一感をもった作りにしました。こだわった部分としては、ぬくフローリングを使わずにコンビタイルを使用して仕上げた。また、統一感を持ったモノトーンの中にも、木製の顔もある作りを入れ込むことによって”外し”の演出も行った。

柱を露出することにより、インテリアが映えるように演出しました。また、シックなデザインの中にも木製を加えて柔らかさも演出いたしました。

キッチンとの間に、木製の仕切りを入れ込み柔らかな空間演出とリビングとの境界線をになっております。

キッチンはメンテナンスを考えて、タイルなどは敢えて使わないようにしました。

玄関は家の中での最初の顔になる部分なので、家に入った瞬間にその家の雰囲気が分かるようモノトーンで統一した演出をしました。

寝室はお客様のご要望で、敢えて色合いを変えて特別感を出しました。

施工前(Before)

施工前(before)

OUTLINE

コンセプト 奥行きを感じさせるモノトーン調の空間
物件種別 マンション 建物面積 105.16㎡
コンセプト 奥行きを感じさせるモノトーン調の空間
物件種別 マンション
建物面積 105.16㎡
物件価格 -
リノベーション価格 ¥10,560,000 万円
支払い例 -

PLAN

BEFORE

AFTER

MESSAGE

設計の想い・コメント

担当者安藤

”明るく楽しく住みやすく"
もともと和室とリビングダイニングで区切られた2室を1室にし開放感を演出し、元和室の中央寄りに壁掛けテレビ用独立壁兼ベンチを作りお客様の住みやすい空間を作ることができた。
無垢材のよさも感じて頂いた上で、飲み物をよくこぼすご主人、部屋中を汚すやんちゃ兄弟の為にあえて塩ビタイルや新建材を提案させていただき、大変ご満足いただけた。
キッチンはメンテナンス性重視のクリンレディ(クリナップ)、1階のトイレがレストパルF(TOTO)というタンクレス風の宙に浮いているように見える便器を
提案し、こちらも大変ご満足いただけた。

施工の想い・コメント

担当者尾崎

元和室のサッシ部分のクロスをどう綺麗に納めるかで色々と考えました。設計・安藤と常に相談し、進めてきた物件でしたので色々と思い入れがあります。造作家具が多い中、詳細部分まで書いてあったので円滑に進める事ができました。

ご相談

不動産の購入や売却のこと、リフォーム・リノベーション、改築のこと、ファイナンスのこと、不安解消!夢の実現!のために何でもご相談下さい。

ご相談フォーム

資料請求

私たちのリノベーションスタイルをご紹介します。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

資料請求フォーム

PAGETOP