リノジェンヌ-女性のリノベーション暮らし

  • リノベーションスタイルのご紹介
  • リノベーションガイド
  • リノジェンヌのお部屋

人生を深く楽しむためのリノベーションという暮らし 新築マンションではなく“中古物件購入+リノベーション”を選ぶ女性が増えています。

パリジェンヌのように、自分という存在を確立し内側から輝くような
女性。そんな自分をもった女性たちが、住宅購入でリノベーションを
セレクトすることが増えています。リノベーションの醍醐味ともいえる
中古物件の良さに自分好みのテイストを加えて、新たな空間に仕立て
上げる喜びは、パリジェンヌの古いものをリメイクし、新しい価値をプラスする着こなしにも通ずるものがあります。
リノベーションというスタイルを選び、毎日を誇り高く暮らしている女性
たちを、わたしたちは親しみを込めて「リノジェンヌ」と呼んでいます。
ファッションだけでなく、暮らしにも“快適さ”と“上質”という
あなたらしさを。わたしたちは、リノジェンヌたちを応援します。
間取り図
リノベーションだから
こそできる自分好みの
空間デザイン
住まいのなかに自分らしさを映すことができるリノベーション。
シンプルな中にもフレンチスタイルや西海岸インテリア、北欧
モダンなどをスパイスのように効かせるインテリア雑誌のような空間デザインも、リノベーションなら思いのまま。淡いトーンで
ペイントされたベッドルームや、素朴なぬくもりを感じる自然素材の床など、自分の憧れを全てかなえることができます。また、中古住宅を購入するメリットは、新築よりも好立地のロケーションを選べることにもあります。女性の一人暮らしにとって「駅チカ」という心強いセキュリティを手に入れられるのも「中古物件購入+リノベーション」のよさなのです。

OUR RENOVATION STYLE #01

香り立つ田園の日々、南仏プロバンス。

みずみずしいスムージー。洗いざらしのリネンシャツ。
グリーンクレイ入りのオーガニック石鹸。
冬の夜には、カルダモンを効かせたホットワイン。
季節に寄り添う暮らしは、わたしらしさを取り戻してくれる大切な魔法。

物件詳細

OUR RENOVATION STYLE #02

美しく纏う、モダンラグジュアリー

美しくなれる時間。自分自身にご褒美を。
高級ホテルに泊まる特別感を日常の暮らしに取り込む。
モダンで煌びやか空間で、時には少し高いワインを
開けて過ごす夜もいいじゃない。

物件詳細

リノジェンヌのお部屋紹介

実際に中古物件を購入してリノベーションした女性たち(通称リノジェンヌ)のお部屋集。
施工費、お部屋の面積、工事期間などを一挙にご紹介。

リノベーションコーディネーターが教える リノベーションガイド

リフォームとリノベーションって違うの?

一般的には、キッチン交換や内装の模様替えなど“住まいの不具合を補修”することを
リフォーム。プランを大きく変更するなど“新しい価値”を付け加える工事をリノベーションと定めているところが多いです。リノベーションのなかでも、わたしたちがこだわってほしいのが“スケルトンリノベーション”かどうか。スケルトンとは、柱や梁などの構造材を残してあとは解体されたいわば“ハコ”だけの状態。スケルトンリノベーションなら、2LDKからゆったりした1LDKにしたい。大きなウォークインクローゼットが欲しい。無垢材などの自然素材を使いたいなど、住む人のライフスタイルに合わせてオーダーメイドの住まいづくりが可能になるほか、断熱や防音・配管などの見えないインフラ部分も新しくリニューアルすることか可能です。

どのくらい時間がかかるの?リノベーションってやっぱり大変?

「中古物件購入+リノベーション」は、物件探し~プラン作成~工事完成まで約半年くらいの期間がかかるのが一般的と言われています。リノベーションをスムーズに進めるコツは、中古物件探しから工事まで“ワンストップサービス”を提供している会社をセレクトすること。資金計画から相談に乗ってくれて、リノベーション工事にも詳しい会社をお勧めします。
時間をかけるのが難しいひとには「リノベーション済中古物件」をそのまま購入するのも一つの選択です。中古住宅市場のなかでも、デザインリノベーションといえる物件の流通量はまだまだ少ないのが現状なので、自分が探しているエリアに物件があれば、まずは内覧してみるのがオススメ。完成した仕上がりを実際に見て確かめられるのも大きなメリットです。

新築と中古、どっちがいいの?

内装に加えてキッチンやバスルーム、さらに断熱や配管などの見えない部分まで一新する リノベーションは、新築に勝るとも劣らない“暮らしやすさ”が魅力。そのうえ、デザインも 自分のスタイルを反映できるなど、設計デザインの自由度は新築住宅の比ではありません。 さらに資産価値という考え方でも、中古物件にメリットがあります。新築物件の価格には、広告宣伝費や利益が上乗せされ、中古物件に比べて割高。さらに今の日本の不動産事情だと、建物の価値は20年でほぼ底値になり、不動産価値しか残らないことがほとんど。売却時に高く売れる度合い(リセールバリュー)を考えても、中古物件を購入した方が価値の下降はゆるやかです。