MENU
机上査定OK!60秒で不動産最高額をチェック

HOME4U

不動産一括査定ののオススメランキング

不動産一括査定

不動産仲介会社のオススメランキング

不動産仲介ランキング

マンション売却のオススメ方法

マンション売却のおすすめ

一戸建て売却のオススメ方法

一戸建て売却は苦戦しやすい?トラブルなく高額査定してもらう4つのコツ

土地売却のオススメ方法

土地売却は注意点が多い!スムーズに売却するための完全ガイド

投資・収益物件のオススメ売却方法

投資用不動産を高く売却するために知っておきたい全知識を解説

土地活用のオススメ方法

土地活用の全てを一挙公開

小田急不動産の評判・口コミは?太鼓判仲介サービス「ソナエアラバ」も紹介

記事内に商品プロモーションを含みます。
小田急不動産の評判・口コミは?太鼓判仲介サービス「ソナエアラバ」も紹介

関東の人なら、小田急沿線に憧れの住宅地や学園都市、観光地などのイメージを持っているかもしれません。

その小田急の名前を冠した「小田急不動産」は、どのようなものなのでしょうか。

こんな悩みをスッキリ解消!

  • 小田急不動産ってどんな会社なの?
  • 小田急不動産の強みって何?
  • どんな人に小田急不動産はオススメなの?

そこでこの記事では、「小田急不動産の評判」にフォーカスしてお伝えします。

この記事を読むことであなたは、小田急不動産の評判や、小田急の仲介サポートサービスである「ソナエアラバ」について知ることができます。

本記事の要点まとめ

  • 小田急不動産は中堅の仲介会社で仲介取扱高で28位
  • 評判は悪くなく、「ソナエアラバ」かオススメできる
  • 小田急不動産で売るなら不動産一括査定経由にする
    ※詳細は「中堅・地域密着の会社とも比較する」で詳しく解説しています。
目次

小田急不動産の仲介取扱ランキング

小田急不動産とは、小田急電鉄を中心とする私鉄系の不動産会社。

私鉄系の不動産会社と言うと、東京では東急不動産、大阪では阪急不動産、九州では西鉄不動産等が有名です。

全国各地の大きな私鉄は、たいてい不動産会社を持っており、小田急不動産もその一つになります。

私鉄系の不動産会社というと、多くは私鉄沿線の街づくりに関与しています。

有力な私鉄は、自分たちの沿線の駅周辺を開発し、そこに住民を増やして鉄道やバス、百貨店などを全てグループ会社で提供していく壮大なビジネスモデルを持っています。

小田急不動産も、同じように小田急沿線の街づくりに貢献し、沿線の不動産を中心として扱っています。

仲介取扱高ランキングで28位

公益社団法人不動産流通推進センターによると、2022年の不動産売買の仲介ランキング(2023年4月発表)は以下の通りです。

ランキングは取扱高を基準に順位を表示しています。

順位/企業名 取扱高
(億円)
前年比
(%)
手数料収入
(億円)
前年比
(%)
手数料率
(%)
仲介件数
(件)
前年比 (%) 1件あたり
手数料
(百万円)
1件あたり
平均物件価格
(万円)
店舗数
1位/三井不動産リアルティグループ(三井のリハウス) 1兆8,926億円 21.0 901 17.4 5.76% 41,183 6.9 2.19 3,797 287
2位/東急リバブル 1兆5,779億円 28.6 715 23.5 5.83% 28,750 12.1 2.49 4,266 199
3位/住友不動産販売 1兆4,533億円 17.1 713 14.3 5.74% 38,144 8.6 1.87 3,254 234
4位/野村不動産グループ(野村の仲介+) 9,649 8.0 398 14.7 4.13% 10,081 8.1 3.95 9,571 94
5位/センチュリー21 6,400 -0.3 306 2.8 4.79% 26,629 0.4 1.15 2,403 991
6位/三井住友トラスト不動産 5,504 33.4 229 31.2 4.17% 8,226 14.2 2.79 6,691 71
7位/三菱UFJ不動産販売 4,502 27.3 190 28.9 4.22% 4,652 8.0 4.08 9,677 35
8位/みずほ不動産販売 4,286 15.9 178 17.2 4.15% 3,978 10.4 4.47 10,775 49
9位/オープンハウス 3,624 23.6 151 12.4 4.15% 8,268 14.3 1.82 4,384 62
10位/積水ハウスグループ 2,879 22.7 127 13.8 4.41% 7,973 -1.3 1.59 3,611 115
11位/三菱地所リアルエステートサービス 2,739 5.2 90 21.6 3.27% 1,118 19.9 8.02 24,501 9
12位/東宝ハウスグループ 2,270 5.9 109 4.0 4.79% 6,217 1.9 1.75 3,651 19
13位/イエステーション 2,020 -0.7 61 -0.7 3.00% 7,472 -0.8 0.81 2,704 164
14位/住友林業ホームサービス(すみなび) 1,814 19.6 79 24.1 4.37% 4,733 15.4 1.67 3,833 46
15位/東京建物不動産販売 1,736 29.7 48 32.2 2.75% 1,139 12.4 4.19 15,241 13
16位/大成有楽不動産販売(イエタン) 1,694 18.4 71 18.6 4.19% 4,094 11.2 1.73 4,138 29
17位/大京穴吹不動産 1,676 5.8 77 9.9 4.58% 5,313 -3.6 1.44 3,154 74
18位/大和ハウス(リブネス) 1,660 -2.3 73 2.3 4.37% 4,290 4.8 1.69 3,869 117
19位/福屋ホールディングス 1,402 1.9 69 -0.8 4.95% 7,951 -5.2 0.87 1,763 95
20位/中央日本土地建物グループ 1,312 44.6 38 29.8 2.91% 321 6.3 11.87 40,859 7
21位/近鉄不動産(近鉄の仲介) 1,166 9.0 63 18.0 5.43% 4,446 7.0 1.42 2,622 46
22位/スターツグループ(ピタットハウス) 1,165 -1.9 51 2.3 4.40% 2,204 6.1 2.32 5,285 104
23位/三菱地所ハウスネット 1,062 26.3 48 32.3 4.48% 1,948 20.5 2.44 5,449 36
24位/伊藤忠ハウジング 924 -6.8 26 37.5 2.79% 1,905 0.0 1.35 4,848 2
25位/リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ 858 36.3 40 17.9 4.60% 1,404 5.3 2.81 6,112 10
26位/長谷工リアルエステート(長谷工の仲介) 842 5.8 37 17.3 4.43% 2,111 5.2 1.77 3,990 41
27位/ポラスグループ 716 26.8 34 23.0 4.68% 2,845 13.3 1.18 2,516 62
28位/小田急不動産(ソナエアラバ) 544 31.6 24 30.1 4.50% 1,337 6.8 1.83 4,072 16
29位/ナイス 447 12.7 16 21.4 3.67% 1,187 7.4 1.38 3,765 15
30位/メルディアリアルティ 384 18.8 19 23.2 4.87% 832 23.4 8
31位/阪急阪神不動産 360 43.1 13 19.9 3.55% 766 15.0 1.66 4,695 13
32位/京王不動産 313 35.4 14 40.6 4.35% 743 19.8 1.83 4,209 12
33位/相鉄不動産販売 311 78.1 13 47.4 4.24% 631 3.4 2.09 4,926 8
34位/REDS 307 21.9 7 24.2 2.22% 628 19.8 6
35位/朝日住宅 273 4.7 12 1.0 4.22% 892 -6.8 1.29 3,060 9
36位/京急不動産 183 37.6 8 20.2 4.41% 466 12.8 1.73 3,935 10

※出典:公益社団法人不動産流通推進センター「不動産業統計集2022(2023年4月発表)」より
※社名をクリックすると、各社の評判や特徴の詳細を見ることができます。

小田急不動産は仲介取扱高で28位に位置しています。

小田急不動産の店舗数は全国で16店舗しかありませんが、そのほとんどが小田急沿線に存在。

全国的には、小田急不動産を見たこともない人の方が多いかもしれません。

神奈川県の中でも小田急沿線の人たちには、高い認知度を誇っています。

小田急というと、東京・神奈川以外の人は、ほとんど馴染みのない沿線です。

新宿から小田原まで、神奈川県の北部を通っているのが小田急になります。

神奈川を東西に横断しているのですが、JR東海道線からはかなり北側を走っており、なんと横浜市内は沿線が通っていません。

同じく神奈川県内を走っている東急東横線は、渋谷と横山というホットラインを通っており、東急に比べると私鉄としては、若干弱い印象はあります。

小田急不動産は品の良い会社

そのような小田急沿線にある小田急不動産ですが、会社としては非常に品の良い会社です。

私鉄系の不動産会社は、基本的にお坊ちゃま会社が多く、従業員も品の良い人たちが多いのですが、特に小田急不動産は品の良い人が多いと思います。

筆者が会った限りでは、小田急不動産の社員は真面目な人が多く、ガツガツもせずに不動産業を行っている印象があります。

小田急不動産は私鉄系の真面目な不動産会社といって良いでしょう。

小田急不動産の強みは小田急沿線に強いこと

小田急不動産の強みは、小田急沿線に強いということです。

第4章で紹介しますが、小田急不動産には「ソナエアラバ」という他社から群を抜く圧倒的なサービスを持っています。

ソナエアレバ

「ソナエアラバ」は本当に良いサービス内容であるため、顧客の支持を得るのも恐らく時間の問題かと思われます。

本来なら、全国の人に小田急不動産をオススメしたいところですが、何といっても小田急沿線にしか店舗がないため、残念な限りです。

近くに小田急不動産の店舗がある人にとっては、小田急不動産は間違いなくオススメの不動産会社といえます。

小田急不動産の評判・口コミ

まずはリアルな口コミを見るためにTwitterを見ていきましょう。

ただし、全国で活動している企業でもないため、そこまで見つからなかったのが正直なところです。

対応に関する口コミ

Twitterでは悪い口コミが書かれやすいですが、小田急不動産はほぼなく、いい会社なのでしょう。

ただし、これでは心もとないため、参考までに小田急不動産が自社のホームページ上で公開しているお客様の声を見てみます。

公式サイトの口コミ

  • 希望通りの金額で売却できたので、とても感謝しています。(神奈川県伊勢原市N様)
  • 親族間の売買という面倒な手続きを、的確に進めて頂きました。(神奈川県厚木市S様)
  • 初めての売却で不安でしたが担当の方が手厚くサポートしてくれました。(神奈川県相模原市O様)

※出典:小田急不動産より

特徴としては、お客様の声が全部神奈川県の人たちという点です。

小田急不動産は真面目な会社なので、このお客様の声も、恐らく本当にアンケートで書いてもらった声なのだと思います。

「手厚くサポートしてくれました」という声もありますが、小田急不動産は次章で紹介する「ソナエアラバ」という手厚いサポートサービスを持っています。

「ソナエアラバ」は他社では絶対提供されない極めて手厚いサービスなので、恐らく本当にお客様は感激したのではないかと思われます。

ホームページ上では、お客様の総合満足度は93.5%となっています。

小田急不動産は、真面目で手厚いサービスをしてくれる会社なので、顧客からの評価は実際に本当に良いと考えられます。

超オススメの仲介サポートサービス「ソナエアラバ」

不動産仲介は、様々な会社が色々なサービスを提供していますが、小田急不動産の「ソナエアラバ」は本当にオススメです。

「ソナエアラバ」は、以下の10個のサービスが無料でついてきます。

付随サービス 内容
住宅設備機器保証 引渡し後1年間、最大500万円(税込)まで、設備機器を無償で修理できます。
建物検査・既存瑕疵保証 国土交通省認可の専門家による事前検査で、最大1,050万円(税込)までの瑕疵保証がつきます。
水廻りクリーニング お掃除の大変な水廻りをプロのクリーニングできれいにし、物件の印象を高めます。
境界確認・仮測量サービス 土地境界を専門家によって明確にすることで、トラブルを未然に防ぎます。
24時間緊急駆付け お部屋にまつわる様々なトラブルに専門スタッフが対応し、暮らしに安心安全をご提供します。
リペアサービス プロの技術でクロスのめくれやフローリングのキズを補修し、物件の印象を高めます。
居住中ホームステージング 「広々とした」「清潔感のある」空間を演出し、物件の魅力をより引き立てます。
買取保証制度 万一売却ができなかった場合に、あらかじめお客様にご提示した金額で買い取ります。
つなぎサポート お買い替えの際、売却物件の売買代金が入るまでの間、一時的に融資を利用できます。
納税サポート 不動産のご売却代金が相続税の支払い期限に間に合わない場合、一時的に融資を利用できます。

特に、「建物検査・既存瑕疵保証」「水廻りクリーニング」「境界確認・仮測量サービス」「リペアサービス」「居住中ホームステージング」は不動産を高く売却できる効果があります。

これらの付随サービスは、本来なら売主にコストがかかるものばかりですが、全て無料であるため、正直言って、かなり驚きです。

今回この記事を執筆するに当たり、他の不動産会社の無料サービスも調査しましたが、ここまで無料サービスがついている不動産会社は他にはありませんでした(2023年10月時点)。

「ソナエアラバ」の中で「建物検査・既存瑕疵保証」サービスがありますが、既存瑕疵保証まで実行すると、相場よりも1割程度物件が高く売れている事例が見られます。

「建物検査・既存瑕疵保証」だけでも高く売れますが、さらに「水廻りクリーニング」や「居住中ホームステージング」も行うので、ほぼ完ぺきな売り方ができると考えて良いでしょう。

不動産を高く売却するためのテクニックが全てカバーされていますので、「ソナエアラバ」を利用すれば、不動産を安心して高く売却することができます。

ホームステージングについては下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
ホームステージングとは?実施時の費用相場と3つのメリットと3つのデメリット 最近、「ホームステージング」という言葉を目にする機会が増えました。 不動産売却の際に有利になると言われていますが、まだまだ一般的ではないようです。 そこでこの...

小田急不動産と専任・専属専任媒介契約を締結することが条件

「ソナエアラバ」を利用するには、小田急不動産と専任・専属専任媒介契約を締結することが条件となりますが、それでも「ソナエアラバ」を使った方が良いです。

専任・専属専任媒介契約とは、仲介の契約を小田急不動産の1社にしかできないという種類の契約です。

当サイトでは、一貫して専任・専属専任媒介契約のデメリットを強調してきましたが、「ソナエアラバ」を利用するのであれば、専任・専属専任媒介契約でも全く問題ありません。

むしろ、小田急不動産と専任・専属専任媒介契約をしてでも、「ソナエアラバ」を使った方が高く売れます。

ここまで徹底した高く売るためのサービスが付いているのであれば、一般媒介で複数の不動産会社に依頼するよりも、「ソナエアラバ」だけで売った方が高く売れると考えられます。

恐らく、国内の売主に「ソナエアラバ」に匹敵する準備をして家を売っている売主はほとんどいないはずです。

「ソナエアラバ」を利用すれば、売主としては最高ランクの準備をすることに匹敵しますので、ぜひ利用することをオススメします。

既存瑕疵保証や水廻りクリーニング等の家の売り方については、以下の記事をご参考ください。

あわせて読みたい
既存住宅売買瑕疵担保保険とは何か?保証内容・保険料と買主と売主の加入条件 中古住宅の売買では、思わぬ不具合に見舞われるリスクがつきものです。 とくに、普段は目に見えない住宅の基礎部分については、買主はもちろんのこと、見えないゆえに居...
あわせて読みたい
家売却でハウスクリーニングはするべき?どの場所をどのタイミングでする? 「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があります。 家を売却が決まった後、引渡前にハウスクリーニングをして買主へ物件を引き渡すべきなのでしょうか。 初めて不動産を売却...

以上、ここまで「ソナエアラバ」について見てきました。

では、小田急不動産はどのような人にオススメなのでしょうか。

小田急不動産がオススメの人

ソナエアラバ」はずば抜けて良いサービスなので、小田急不動産は全ての人にオススメなのですが、残念ながら小田急不動産は全国展開していません。

そのため、小田急不動産は、営業展開している新宿から小田原までの小田急沿線の人にオススメということになります。

「ソナエアラバ」を、ゴリ押しし過ぎると嘘くさい感じもするかもしれませんが、正直言って、「ソナエアラバ」の内容はとても良いです。

神奈川県の人は、小田急沿線以外でも小田急不動産に査定依頼をしたら対応してくれる可能性があります。

神奈川県の人なら、念のため小田急不動産に売却依頼できるかどうか、必ず確認した方が良いでしょう。

小田急不動産が参加している一括査定は「すまいValue」のみ

当サイトでオススメしているサービスに不動産一括査定があります。

不動産一括査定とはインターネット上であなたが売りたいと思っている不動産情報・個人情報を入力すると、複数の不動産会社が自動的に見つかり一度に査定依頼できるサービス

不動産一括査定の仕組み

複数の不動産会社から査定額を提示してもらうことができ、だいたいの相場観を掴むことができます。一括査定の流れとしては下記の通り。

不動産一括査定の流れ

小田急不動産は素晴らしい会社であることは間違いないのですが、他の不動産会社にも相談したうえで決定したほうがいいでしょう。

なお、小田急不動産は「すまいValue」のみ参加しています。

不動産仲介件数と主要不動産一括査定サイトの提携表

中堅・地域密着の会社とも比較する

筆者はさらに成功確度を上げるために、中堅や地域密着の不動産会社にも依頼しておくことをオススメしています。

不動産業界は特殊な縄張りなどもあり、A地域はX不動産が強い、B地域はY不動産が強いということが存在します。

また、小田急不動産のような大手になるほど両手仲介の比率が高まります。

両手仲介とは、1社の不動産会社が売主と買主の両方の仲介を行うこと。買主と売主から手数料をもらえるため、利益相反の関係になる。アメリカは両手仲介は禁止されています。

売却の成功確度を上げるためにも小田急不動産のような大手と併せて中堅や地域密着の不動産会社も比較することをオススメします。

オススメな使い方はこうなります。

不動産一括査定の賢い使い方

不動産一括査定サイト及び両手仲介については下記記事でさらに詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【2023年10月】不動産一括査定サイトを比較!おすすめ人気ランキングベスト6 マンションや一戸建て、土地などを売りたいと考え始めたとき、インターネットで調べることが一般的になっています。 そして不動産を売るときに大事になるのが、どこの会...
あわせて読みたい
両手仲介とは?片手仲介との違いや不動産会社の囲い込み問題について 売主にとっては、どうしても両手仲介が問題となってしまいます。 両手仲介では、売主が囲い込みを受けやすく、損をするのは売主、得をするのは買主となります。 両手仲...

まとめ

小田急不動産の評判や、小田急の仲介サポートサービスである「ソナエアラバ」について見てきました。

売却の仲介を依頼するなら、小田急不動産はとても良い会社です。

「ソナエアラバ」は、恐らく国内最強のサービスです。

小田急不動産の営業圏内の人であれば、文句なしに小田急不動産を使うことをオススメします。

【関連記事】不動産仲介会社の評判・クチコミまとめ記事
不動産仲介の評判・おすすめランキング
三井不動産リアルティグループ(三井のリハウス) 住友不動産販売 東急リバブル 野村不動産グループ(野村の仲介+)
センチュリー21 三井住友トラスト不動産 みずほ不動産販売 三菱UFJ不動産販売
三菱地所リアルエステートサービス 大和ハウス(リブネス) 大京穴吹不動産 住友林業ホームサービス(すみなび)
大成有楽不動産販売(イエタン) 近鉄不動産(近鉄の仲介) スターツグループ(ピタットハウス) 三菱地所ハウスネット
長谷工リアルエステート(長谷工の仲介) 中央日本土地建物グループ ナイス 小田急不動産(ソナエアラバ)
京王不動産
目次